« キッチン扉リフォーム | トップページ

2021.05.22

ミニ・小抽斗

ご無沙汰しております。
久しぶりに真剣に木工したので製作過程を紹介したいと思います。

 

発端はネットを徘徊していた時にふとこの記事にあたりまして、「へえ美しいな」と思ったのです。ちょっと和風だと思いますが、全体のバランスが良いなと。10年あるいは5年前の自分ならあまり心に引っかからなかったような気もするのでその辺は年齢なのかもしれません。

 

小抽斗→こひきだしと読みます?[ファニチュアデザイン専攻2B] | 中央工学校 (chuoko.ac.jp)

 

同時に、何となく木工については一通りのことはできる気になっていたのですが、この学生たちが初期の実習で取り組むこの課題を今の自分はどれくらいできるんだろうかと。

 

ということで、木取り。
Img_4902

ジャーマンビーチですが、昔木工教室に通っていて生意気にも捻りアリ継に挑戦したいと言って木取りまでやった材がそのあとどうしても完成できずに残っており、材の供養を兼ねてそこから取りました。オリジナルサイズにはできず材もなかったので、勝手に2/3くらいに縮小することにしました。厚みは9mmと6mm。

これとは別にまた少し装備を揃えようとこんなブツを買ったのですが、それはまた別の記事で紹介することにします。

Img_4912

ともかく、試運転を終えてこれで行こうかと思ったらBOSCHのルーターがぷすんと言って止まってしまい、壊れてしまいました。輸入ものなので修理に出すわけにもいかず、自力で修理したのですが、それもまた別の記事で紹介することにしましょう。

Img_5061

結局手で刻むことにして、久しぶりにちまちまやりました。我ながら自分はこういうちまちまやるのが好きで木工やってたんだなと。少しずつ機械を入れて効率化を進めてきたはずでしたが、これはこれで新しい発見でした。

上面はアリ継ぎをわざとらしく見せていくスタイル。端っこは留めで合わせています。

Img_5101

底面は隠しアリ継です。ちょっと隙間が空きました。

Img_5104

ここでルーターが復活しLeighのダブテールジグ初登板。9mmの薄さはメーカー推奨ではないのですが、難なく加工できました。

Img_5121

組みました。この辺から立体になってきて楽しくなってきます。

抽斗の底板は、安易に3mmシナベニアとして欧米風にあとから溝に入れてねじ止めする方法にしました。

Img_5127

台輪は溝をテーブルソーで入れて雇いザネ留め継でさらっと組みました。

Img_5132

完成。

Img_5161 Img_5162 Img_5163

ジャーマンビーチ、オスモウッドワックス仕上げ。

学生さんはほぼ全部手加工かもしれませんが、大人はズルいので手持ちの機械が使えるところは機械を使ってやりました。久しぶりに楽しかったです。

|

« キッチン扉リフォーム | トップページ

作品集」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。