« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月に作成された記事

2010.09.27

巣箱? 前後談

以前、縦型で「静音」を売りにするエアコンプレッサを買ったことも、その騒音にがっかりしたことも、故障して中国製の新品が変えそうな値段で苦労して修理したことも、全部このブログに書いてあります。

「・・・えーと、どこが悪くてどう修理して頂いたんでしょうかね?」

と、やんわり拒む店長の手から無理やりメーカー修理伝票をのぞき込むと、

「内部が粉塵だらけ。使用環境の改善が必要と考えられます。」
「電気系に粉塵が積もっており、火災の危険性があります。」

とか、さんざん「使用環境」側に対する文句がずらり。その最後の1行に、

あまりにも汚くて原因がわかりませんが、電気系の接続不良かなーと推定されます。
みたいなことが書いてある。

・・・・
エアコンプレッサなんて、空気のキレイな、アルプスの高原とかクリーンルームとかで使うヤツおらんやろ!
ホコリシューシューしたらホコリ舞って吸い込むの当たり前やろ!
修理のプロのくせに、そのバクっとした推定は何やねん!ホンマに悪いとこだけ修理したんやろな!

なんてことはぜーんぜん思いませんが、言われてばかりでは悔しいので、防塵と防音を兼ねて収納箱を作ることに思い至った、という経緯です。

結果として、まずは気になる防音性能ですが、本体から1m放して収納前が88dB、収納後が86~87dB、とあまり数値的には改善されていません。ただし「ぶぅーん」という音の高音が明らかに遮蔽され、耳障りな音域が減ってくぐもった音になります。さらに内部に防音シートを敷きこむとか、すき間にすき間テープを貼るとか、パッチンを付けるとか、足に防音ゴムを付けるとかの改善策を別途検討します。

防塵性能については、正直現時点わかりません。吸気口を開けてHEPAフィルターでも付ければよかったと思いますが(←根に持っている)、今のところ防音の観点で積極的に穴は開けていないので、どんな風に吸気されていくのか、少し使用しながら様子を見たいと思います。

出来栄えとしては、外観が今一つですが、今回も手持ちの端材のみで何とか間に合ったのでその点は満足しています。構造用針葉樹合板。底板はSPF材をコの字に組んで、事前に彫ってあった溝を底板がスライドするようになっています。手持ちのキャスターを取り付け、フタ部分は、作業中に座れるよう考慮して作ってあります(座らないと思うけど)。

ふと、業務用のエアコンプレッサは耐塵埃性は大丈夫なんでしょうかね、とか思ったり。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

巣箱?

紹介するのも恥ずかしいようなガラクタですが、最近あまりにもブログがさびしいので少しだけご紹介。

巣箱のようですが、違います。
100926a

この前修理から帰ってきたコンプレッサの収納箱です。狙いは防音と防塵です。実は壁掛けにしようと目論んでいたのですが、掛ける壁がありませんでした(泣)。
100926b

この機種をお持ちの方はわかると思いますが、とても使いづらい位置にドレンがあるのです。底板をスライド式で開閉できるようにして、タンクの底のドレンに手が届くようにしました。キャスターの分だけかさ上げされたので、本体を傾けずにドレンを開けることができるようになりました。
100926c

ガラクタとは言え趣味の木工家のコダワリで、キチンと木目が連続しているハズ・・・なのですが、そうは見えませんね。向き間違えたかなぁ(泣)。
100926d

解説編はまた今度。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.09.23

DIY CITY新製品 他

夏バテでしばらく木工からは遠ざかっていましたが、急に涼しくなり、先週末久しぶりに作業しました。
なんて呑気なことを言えるのも、職業木工ではなくて趣味でやってるからこそですよね・・・。

DMのコピぺみたいで申し訳ありませんが、目にとまったものをご紹介。

「簡単管パネルソー」(STUDIO押上おもしれぇ屋)
https://www.diyna.com/webshop/panelsaw/

パネルソーの自作キット。合板メインで大物作りメインのに方には面白ぇかも。
ウチは場所がありません(笑)

TOOLS.GR: 円高差益還元特価 FESTOOL DOMINOが99,750円 
10月31日まで&台数限定とのこと。
https://www.diyna.com/webshop/tools-gr/item35.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.08

ServersMan Cast@net レビューその2

先日の続き。数週間いじくった印象です。
発想は良いのかも知れませんが、正直「荒削り」の感が強く、使いこなすには知識と忍耐力が必要だと思いました。酷評したくはありませんが、特に気になった点を以下にあげます。

・無線LANが安定しない。
よくわかりませんが、電源ONあるいはスリープからの復活で接続が成立しても、多くの場合、しばらくすると接続が切れてしまいます。再度探しに行かせると検出しますが、また程なくして切れてしまいます。相性の問題だと思いますが、ウチにあった古めのバッファローの無線ルーターと、最近買ったコレガの無線ルーターの両方で同じ現象です。
有線LANはほとんど問題なく、スリープからの復帰も早いです。

・電源ON 1回で起動する確率が低い。
個体差かもしれませんが、電源ONで一発で起動する可能性が少ない。というのは言い過ぎかも知れませんが、100%ではないだけでもかなり問題です。特にLAN環境が安定しない状況だと、電源ON→ANDROIDの半角文字+カーソル→ANDROIDのキラキラ光るロゴ→ホームメニューのどこかで止まってしまうことがとても多い。
基本的に電源を落とす機械ではないようです。

・スライドショー(フォトフレーム)が安定しない。
この商品の定常状態であろうと想像されるフォトフレームですが(Android上のいちアプリとして提供)、途中で特定の写真でスライドショーが止まったり、エラーと出て強制終了したりします。

そんなこんなで、最初の設定が落ち着くまでは、かなりいらいらさせられました。
落ち着いてからも、「気を遣わせられる製品」という印象で、個人的にも何か、ワクワクするという状態にはほど遠い感じ。おじいちゃんおばあちゃんの家にこの製品を置いて、スライドショーを実行しておき、遠隔地から(孫の?)写真を出し入れする・・・、というような使用方法を提案しているようですが、「スープの冷めない距離」でもなければ、幸せに動作している時間はそんなに長くない気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.06

ServersMan Cast@net レビューその1

先日のポチの続き。

ふとした機会に見つけた、NetBook機能付きフォトフレーム Cast@netというのを買ってみました。

現在単身赴任をしており、単身赴任先にメインのパソコンを置いてしまったので、本宅に帰った際にメールやネットに触れられない状態になっていました。それで、本宅のリビングでネットをパラパラ見るツール、というのを探していたのです。iPadは私の経済観念からすればちょっと高い。

だいぶ様子がわかってきたので、簡単に紹介してみます。
何か、開封直後からいろいろ難航したのですが、その辺のハナシは次回に譲るとして、今回は機能編。

100906a

この商品をどう捕らえるかは難しいところがあります。基本的にはフォトフレームの形をしています。
メーカーのセールスポイントは、これ自体が小さなWebサーバーであり、写真や動画、ファイルをインターネット経由で送受信できることです。クラウドなる用語が何を意味するのかワタシはよく理解できませんが、私自身は上記のような経緯で、これがAndroid OSを搭載したタブレット端末であり、Webブラウザやメーラーが使えることに用途を見出した次第。

100906b

外観から。左側にはUSBポートとSDカード差込口があり、USBは3Gなど通信アクセサリーをつなぐことを意図していると書かれています。ちょっと困った点としては、この本体自体の向きを縦/横と変えられる機能があるのですが、縦向きはこちら側が下になり、本体の重みでSDカードがカチッと飛び出してきてしまいます(笑)。

100906c

裏側は、フォトフレームそのものですが、ACアダプタとLANケーブルを挿す口があります。ネットワークには無線LAN(WiFi)か、有線LANでの接続ができ、どちらかが成立すれば自動的に切り替わります。バッテリはありませんのでAC接続が必須です。iPadのように膝におくと、これらのケーブルがかなり邪魔になります(笑)。

100906d

ホームメニュー画面。少しだけソフトを追加インストールしています。

100906e

フォトフレーム(スライドショー)実行中。時計とカレンダーを表示できますが、位置やデザインを変えることはできません。写真切り替えはフェードイン・アウト、ズーム、スライドなどを選べますが、あまり動きはスムーズではありません。

100906f

メールの本文表示画面。@Niftyですが問題なく設定できました。HTML形式のメールも表示されますが、写真(画像)は出ないみたい。テキストメールはほぼ問題ありません。

・・・と言うことで、ワタシの当初の狙いであったメールとネット閲覧(Chromeベースらしい)はほぼ問題なくできそうな印象です。かと言って「オススメ」か、と言うとちょっと躊躇われます。うまく説明できないのですが、一言で言うと玄人向けではないかと思います。続報を書く予定ですので、もし欲しいと思う方がいらしても、それを読んでから決断されることを希望します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »