« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月に作成された記事

2010.06.30

JET 200mm 手押し/自動兼用機 販売停止(あるいは「ティン」)

オフコーポレーションから販売されていた、JETの手押し/自動兼用機、諸般の事情で販売停止とのこと。

物欲買いの銭失いさん:JET 200mm ジョインター/プレナー JJP-8BT 販売停止

・・・このくらいの不具合でメゲるような人は、最初っから手押し/自動兼用機なんて手を出さないとは思うんですが、オフコーポレーションさんなりの英断と思います。精度面の問題も少なからずブログなどで指摘されており、商業的に、あるいは、同社のポリシー的に、販売を続けられない機械、ということだったのでしょう。

発売当初は宣伝の片棒を担いでいたような気さえしており個人的にも気持ちとしては複雑ですが(ワタシのブログで背中を押された方、申し訳ありません)、ヨーロピアンスタイル兼用機普及委員会・日本支部長(ウソ)としては、何らかの形でこのカテゴリーの再開を望みます。


しかし、木を真っ直ぐにする「だけ」の機械に、結局なんやかんやと大枚払わされるという状況は相変わらず、ということか・・・(苦笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010.06.21

スライドジグソー?

丸ノコは使い慣れると便利というか必須の工具ですが、単純に「怖い」という感覚を持つ方は女性に限らず多いと思います。その点ジグソーは比較的安全な部類の工具であり、初期の段階で1台持つと、いろいろ役に立ってくれる工具だと思います(いろいろ揃うと使わなくなりますけど・・・)。

Pls3001l


写真は先日ホームセンターで見かけた、BOSCHのジグソーガイド。ひと目で使い方がわかりますが、今までにありそうでなかった発想ではないでしょうか。言葉では説明できませんが、とてもBOSCHらしい。直線ガイドを自作すれば良いんでしょうが、割と手ごろな値段であり、角度切りを含めれば、キリキリせずにのんびり日曜大工・・・といった向きにはイイんじゃないかと思います。

全くおんなじ発想で、「丸ノコガイド」が同じ値段であったら、ワタシは買いますね。(もし今「スライド丸ノコ」を持ってなければ、ですが・・・。)

BOSCH ジグソーガイド PLS 300

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.12

写真家気取り

何か、作品的な物を求められているような強迫観念に襲われ(冗談)、買い物帰りに短時間ですがk-xを持ってウロウロとしてきました。素人なので笑わないでください。

いつもはトリミングしたり色合いをいじったり、シャープをかけたりするのですが、今回は画素数のリサイズのみです。

何が撮りたかったのか不明だが、一眼レフっぽい一枚。
Imgp1506

依然何が撮りたかったか不明。
Imgp1513

もっと廃墟っぽいのを期待して来たのですが。
Imgp1514

「夕焼けモード」使用。これはこれで良いけど、人の顔とかは逆光になりそう。
Imgp1526

・・・もう少し勉強して、使いこなさないとダメですね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.06.08

ぽちった

悩んだ末、結局最初にピンときたヤツにしてしまいました。

最終段階ではニコンの2拓だったのですが、D5000はパタパタ液晶の分だけ見た目や持った感触がかなりゴツくなり(個人の主観です)、D3000では良さも知りつつも結局CCDなところが最後まで引っかかり。
店員に目をつけられそうなくらい悩んだ後で、ぱっとk-xを触ってみるとやっぱり持った感触がなじんだのと、それを持ち歩いている自分がハマッっているように思えて、浮気の末に帰ってきたというオチ。

100608a

オジサンですが白バージョンにしました。天体望遠鏡のイメージ。

この値段帯なら、どれもほとんど同レベルで十分きれいですよという店員の言葉にも納得させられました。スーパーインポーズがないのは最後まで引っかかりましたが、値段と、何よりも重量・サイズを制限すればおのずとどの機種でもあきらめなければいけない点はあるものです。
動作音は確かに大きいですが、自分のものになると思えば、じーこじーこ、ぱしゃっ、と、それはそれで愛しくなってくるものです(笑)。

ダブルズームキットは、PENTAXだけ300mmまで寄れるのもポイントが高いです(他社は大抵200mmまで)。振り返ると、自分自身は結局そこで納得したと言うことかもしれません。

PENTAX k-x ダブルズームキット

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.06.05

ぽちっとしてみた。

してみた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »