« James Krenov基金について | トップページ | キャビネットできた »

2009.10.19

集塵 2題

コントラクターズソー、ジョブサイトソー(汎用モーターの可搬タイプ)など下面がツーツーのテーブルソーに取り付けて、木屑の飛散を防ぐ製品。

あれこれと凝らなくても、これで良いってことか・・・。
硬派手芸部で自作でもできそうですし、これまでも類似の製品はありましたが、ジッパーや、1-1/4および2-1/1インチ対応の集塵口が気が利いています。
メーカーサイト: Dust Cutter

WoodcraftEagle Americaなどで販売中。$40くらい。



ダストフィルターシステムは、箱形で天井に吊るタイプなどが一般的ですが、これは工場扇風機にかぶせて、ダストフィルターシステムにしてしまう製品。
5ミクロンカット、洗濯して再利用可能。
サイズにより$40~$260(9~42インチ)。ファンは含まれませんとのこと。

Eagle America : Demo Air Net

|

« James Krenov基金について | トップページ | キャビネットできた »

ツールレビュー」カテゴリの記事

木工News」カテゴリの記事

コメント

forestさんは、DustCutterでよいのでしょう。でもこれなら、わざわざメーカから買わなくとも言われるように自作できますね。

2番目は面白いです。確かに工場扇なら少々舞い上がっても吸い取りそうですね。これ良いかも。

投稿: 松本 | 2009.10.19 21:50

松本さん

コメントありがとうございます。

そうですね。ホントのコントラクターズソータイプだと背面もモーターですき間が空いてしまいますので、ウチのテーブルソーに向いていると言えば向いているアプローチなのかも知れません。

ただ、せっかくシュラウドがあるのでこれを生かす形にしたいのですが、あるいはシュラウドを外してしまった方が良い結果になるかも知れません。

投稿: かんりにん | 2009.10.20 02:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 集塵 2題:

« James Krenov基金について | トップページ | キャビネットできた »