« 木工ボキャ天 | トップページ | Beadlock Starter Kit 使用レポート »

2009.10.02

60秒で、テーブルを作る方法 他

Woodworking Magazine Blog : SawStop's Dust Collection. Dang.
驚くべき集塵効率で評判のSawStopのキャビネットソーの宣伝文句を実証する動画。
一つ目の動画は、1HPの集塵機を接続した場合で、二つ目は集塵機を接続せずに作業した場合。
SawStop社は「集塵機を繋がなくても効果的に粉塵を排除します」と言っています(排除した粉塵がどこに行くのかは不明)。

FW: How to build a table, in 60 seconds
「60秒で、テーブルを作る方法、の動画」。
なのですが、実際に60秒でできているわけではありません。でも楽しそう。
(コメント欄も賛否両論賑わっているようですね。)

FW: Grizzly Recalls Bandsaws
Grizzlyのバンドソーのリコールがありました。対象は17インチバンドソーG0640X。2008~2009の間に500台ほど生産されているそうです。いくつかでアースの配線がされていないものがあり、感電の危険性があるとのこと。

Woodsmith TIPS : Read the Grain
自動や手押しで逆目が起きない送り方向の判別方法。下の図はわかりやすいが、上の図はちょっと難しい。

家具マエストロな人になりたい: 家具職人の年収
厳しい。と言えば厳しい。一人工房のスタジオファニチャーの人は含まれているのかいないのか、いても少数か。

さて、キャビネットですが、まだ全ての部品が揃っていませんが、片づかないので組みました。仏壇じゃないけど内側も塗りました。(ウチワネタ)
091002a

|

« 木工ボキャ天 | トップページ | Beadlock Starter Kit 使用レポート »

木工News」カテゴリの記事

コメント

ちょっと思いつきで言っただけなのに、以外に受けが良くて、困ってしまいます。どう反応するのが面白いかと悩んでます。

投稿: OYA-G | 2009.10.02 11:19

1回だけ使ってみたかったんです。スミマセンっ><

投稿: かんりにん | 2009.10.02 12:44

ハイ(^-^)/ こんにちは~

やはりテーブルソー上の集塵はスプリッターに固定されたカバーに集塵ホースをつなぐこの手の方法は理にかなっていると思います。なのでトリトンのブレードカバーは的を得てるのだと思いますが・・・
みなさん・・・使っておられませんよね・・・

その姿勢だけは受け継がないように・・・安全性と集塵性・・・今しばらくがんばってみます・・・
キャビネットいいですね~がんばれ~  ではでは!

投稿: きすべ~♪ | 2009.10.04 11:56

きすべ~さん

とうとうトリトンは触ること叶いませんでしたが(海外では全く問題なく販売を続けているようですが?)、仰るように安全と集塵について、独特な発想があったと思います。

テーブルソーの集塵は難しいですね。きすべ~さんのところの2台目はSawStopいかがですか?ワタシもブレードカバー少し眺めてみようかなあ。

キャビネット応援ありがとうございます。あと抽斗と扉と天板・・・かな。ぼちぼちがんばります。

投稿: かんりにん | 2009.10.04 16:09

ハイ(^-^)/

そうやねぇ~~
SawStopもリーズナブルに買えるところがあれば是非買いたいですね~そのうち日本の業者も反応してくるんじゃないかなぁ・・・どだろ?

ま、しばらく・・・現状でうまくこなしたいところデスネ・・・
ガンバリマス・・・  ではでは!

投稿: きすべ~♪ | 2009.10.04 21:15

きすべ~さん

ブログで熱烈に書いておけば誰かに取り上げてもらえるかも知れませんよ。少なくとも1台は売れるだろうって(笑)。

さて、対する日本メーカー勢ですが、欧米ではULのおかげで割刃はあっという間に一般化しましたが、日本では全く動きがありません。米国Makitaは新モデルで対応しているのに、です。

集塵も安全機構も同じで、日本では多分、旧態依然のものを売り続けるんだろうなあと個人的には読んでいます。政治と同じで、売る方だけではなく、買う方も買う方(=それを必要としていない(ように見える))なんだろうと思います^^;。

投稿: かんりにん | 2009.10.05 00:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 60秒で、テーブルを作る方法 他:

« 木工ボキャ天 | トップページ | Beadlock Starter Kit 使用レポート »