« アメリカ機械の50Hz地帯での対処 | トップページ | 再びDust Deputy »

2009.06.29

Axminster 試運転

10インチ自動・手押し兼用機 Axminster AW106PT2 はやっと試運転までたどり着きました。

電気工事でつけてもらった、200V20A専用コンセントに、万能変圧器を接続します。この変圧器、万能なくせに入力プラグは日本の100V用なので、コードを途中で切って200Vプラグに付け替えました。コンセントを変則的に100V用にしてもらおうかとも思ったのですが、間違いのもとなのでやめました。出力は、表側の230VコンセントからAxminsterに接続します。
090507d

まずは「手押しモード」で試運転。
090628a

おそるおそる、電源スイッチをポチッと入れると、「うぃーーーん」と元気良くカッターヘッドが回り出しました。大丈夫そうです。誘導モーターですが騒音は大きめです。床も若干振動しているのを感じます。

しばらく回してみても煙はどこからも出てこないようなので(笑)、次の習作の製材も兼ねて、SPF材を削ってみました。事前に定盤の平行を確認しましたが問題なさそう。念のため、出側の定盤を刃と面イチに再度調整します。

090628g
削ってみると一発で、軟木ならそのまま矧いでも目立ってすき間は空かないだろう程度の平面は出ました。上が切削面ですが感じが分かりますか?3枚刃ですが、細かな段々は若干あります。刃はハイスらしいですが、ちょっとダルな気がします。

フェンスは鋳造ですが、細部の仕上げがちょっと?と言う感じ。それでもアルミ中空フェンスよりは明らかに堅牢で頼もしく、若干の調整で直角を出すことができました。フェンスの調整はJT160と同じような仕組みで、定盤の上をずずずっと滑らせていって、直角になったところをネジを締めて留める、と言う感じで、かなり調整はやりづらいです。

自動モードへのトランスフォームは、思ったより簡単です。動画を見てもらえば一目瞭然ですが、写真でご紹介します。
090628b
まず、ユーロスタイルの安全カバーをバタンと上げます。
090628c
次に、手押しのフェンスを外しますが、これが重たい。出側の定盤を斜めにバタンと持ち上げます。
090628d
同じように、入側の定盤を持ち上げます。
090628e
黄色い集塵ノズルを半回転して、上に持ってきて固定します。
(写真の撮り位置が反対側になっていますスミマセン。)
090628f
自動モード完成。白い筐体の左上に見える「ギア」を自動側に入れて運転します。手押しと自動では送る方向が反対になり、自動はこちらから材を入れます。

自動モードの切削結果の写真はできれば後日アップしますが、表面は良くもなく悪くもなく、と言う感じです。第一印象としては、厚み決めハンドルのピッチが粗く微調整しづらいこと、および、入側の金属の凸凹ロール(断面がナルトみたいなロールです)の痕が残ることがあること、の2点で、仕上げ用より、むしろ粗削り用という印象を受けました。

送りロールは入側1本・出側1本の簡単な構成で、いずれも金属です。上述の通り、入側がナルトロール、出側はフラットロールです。いわゆる鼻落ちは今のところ全くありません。たまに途中で突っかかって(出側のロールだと思います)、その部分だけ溝状に掘れてしまうことがあり、少し調整がいるかも知れません。

逆目を止める機能は全くなく刃がダルっぽいこともあり、逆目は盛大に掘れます^^;。SPF材ゆえかも知れませんので、また後日広葉樹を削ってみます。

気になる集塵は、FeinのTurbo I という業務用掃除機タイプを接続してやってみました。詰まりが心配でしたが、手押し・自動とも詰まらずにすいすい吸ってくれました。手押しはほぼ満足な結果でたまにパラパラとこぼれる以外はほとんど気になりません。自動の方は詰まりこそしませんでしたが、定盤の上に「切り干し大根」がぱらぱらと流れてきて入側に堆積し、数回に1回払いのける作業が必要、と言う感じ。

3時間ほど不慣れな中であれこれ運転しましたが、昇圧器・本体ともに問題は出ていません。
結論から言うと、トランスを介さずに200Vのままでも起動しましたし、その状態で木を削ることもできました。

今日の印象としては、手押しは2重丸。
自動の方は、調整不十分な部分があるように思いますので、今日段階では評価を保留。
いずれも馬力感はあり、卓上とは大違いです。

収納時はコンパクトでしたが、使用時は写真のように「羽根」が大きく開くので、その分のスペースが結構必要です。手押し・自動の時で人間の立ち位置も違ってきますので、据え置きにするのであれば、思ったより周囲にスペースを取らないといけません。ウチの狭小工房では、ヒトは機械のすき間に挟まって作業している感じ(笑)で、12インチを買わなくて正解と思いました^^;。もう少し使い込んでいくうちに、収まるところに収まって落ち着いてくるとは思います。

|

« アメリカ機械の50Hz地帯での対処 | トップページ | 再びDust Deputy »

ツールレビュー」カテゴリの記事

コメント

ついに始まりましたねインプレッション。
稼動できて、何よりです。
この機械、日本で使っている人、他にいるのでしょうか?
メーカーから広告料でも取ったらいかがでしょう。

日本の自動鉋も普通、ナルトロールが付いていますが
圧の調整ができるはずです。
チップブレーカーやプレッシャーバーは付いていませんか?
今後の報告、楽しみにしています。

投稿: acanthogobius | 2009.06.29 09:20

ついにやりましたね、おめでとうございます。
昇圧トランスなくても起動できるし、切削もできるようですね。無理をしないなら(重切削)十分可能と思います。焼損の危険性もありませんので心配無用です。

自動は私のものも同じように、凹凸のプレス跡が付きます。自動とはもともとそのようなものだと思っていますので、特に気にはなりません。仕上げは手鉋で凹凸は簡単に取れますので。

それより気になるのは、スナイプと逆目掘れです。すないぷは皆無ということで、良かったですね。

逆目掘れは、困ったものです。SPFで出るようじゃ(まあ出やすいですが)ハードメープルならもっとひどくなる可能性もあります。ベルトのプーリー2段でしたっけ。まずは最低速の送りにしTryですね。それでも取れなかったら、モータを追加し(プーリーがあるので、スペースさえ確保できれば何とかなりそうですが)何とか別ドライブとしたいですね。こちらはインバータで駆動したほうがベターです。

投稿: 松本 | 2009.06.29 09:35

やはり、鋳鉄だと段違いですよね。JT160と比べると後定盤も簡単に高さ調整できるので、刃高調整が楽ではありませんか?

投稿: た~じぃ | 2009.06.29 10:57

acanthogobiusさん
ありがとうございます。こんなもの使ってるもの好きは日本でワタシ一人ではないかと思います。松本さんからもコメントありましたがナルトロールは日本の機械にもあるのですね。調整できるかどうか調べてみます。

「キックバック防止ツメ」は付いていますが、これが切削中に圧を与えているかどうか?はわかりません。チップブレーカーはなさそうです。

松本さん
ありがとうございます。いろいろ削ってみないと逆目は判断できませんので、もう少し使い込んで調整してみて考えます。インバーター化する時は出張旅費払いますので、技術指導をお願いします^^。

た~じぃさん
ありがとうございます。定盤もそうですが主要部分が鋳鉄なので、剛性感は高く頼れる感じですね。後定盤の調整はあると確かに便利です。兼用機の場合は、定盤を上げ下げした時にどの程度再現性があるか?が心配ですが、また今度確認してみます。

投稿: かんりにん | 2009.06.29 11:13

動き出しましたね!おめでとうございます。
なんだかんだ言って、トランスフォームしたこのメカニカルな外観は機械好きゴコロをそそりますね。(^^)


投稿: さえ。。 | 2009.07.08 10:08

さえ。。さん ありがとうございます。

このシャキーン(`・ω・´)な感覚を共有できて嬉しいです。
斜めにフリップするのが不思議な気がしますが、手押し定盤の高さ決めのための摺動面を兼ねており、なかなかよく考えられているのです。

投稿: かんりにん | 2009.07.08 10:25

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Axminster 試運転:

« アメリカ機械の50Hz地帯での対処 | トップページ | 再びDust Deputy »