« トピックス | トップページ | 驚愕の事実・・・(lll゚Д゚) »

2009.04.15

【木工と安全】充電器の発火

なんだかんだ言って、充電式工具はやはり便利です。電池の持ちの問題がありますが、充電池2個セットになっているのを買えば、一方を使っているうちにもう一方を充電できるので便利です。

・・・ここまでは問題ないのですが、バッテリーを2個持っている皆さん、充電器にバッテリーを1個、常に充電状態にしたりしてませんでしょうか。
私はしています。

TOOL CRIBで、バッテリーを充電しっぱなしにしていて、工房や家が火事になった事例が伝えられています。

TOOL CRIB: Battery Charger = Fire Starter

この記事はWoodnetというフォーラムのスレッドを引用していますが、このスレッドには下記のような例が報告されています。

(1)ある人のガレージと中の工具が全部焼けた。調査によると19Vの充電器であろうと推定された。持ち主は、バッテリーを充電すると常に高い音がしたと言う。充電が終了すると音は鳴りやんだ。

(2)友人も同じような目にあった。警察?によると、さほど大きくない街だが、同じタイプの充電器で4~5例の火事を経験したという。

(3)隣の住人が、充電式9.6Vのドリルがおかしいので見てほしいと持ってきた。調べてみると、トランスがめちゃくちゃ熱くなっていて、プラスチックの部品がいくつか溶けていた。代品をネットで見つけてあげたら、そのモデルがリコールされていることがわかった。

WoodNet: Fire Starting Battery Charger

TOOL CRIBが提唱する充電器の安全のための8つのTIPS:

(1)バッテリーを夜どおし充電したままにしない。

(2)充電器をラジオと同じスイッチ付きテーブルタップで使う。工房に入ったらラジオをつけて、退出時に消す。
  (もしくはTVなど、あなたがほったらかしにしないようなもの。)

(3)充電器を間欠タイマーにつなげて使う。 (多くはフル充電まで1~2時間で十分である。)

(4)煙検知機を工房あるいは工具の回りに設置する。

(5)バッテリーや工具がリコールされていないか確認する。

(6)以前は何ともなかった充電器が、焦げくさい臭いがしたり音がしたりしたら要注意。

(7)「充電状態で放置しても良い」という取扱説明書がもしあっても、信用しない。

(8)電動工具に保険をかける。


ラジオを使うやり方はなるほどと思いましたが、工房の照明のスイッチで充電器が入るようにしても良いですね。
とりあえず今日からつなぎっぱなしはやめましょう^^;。

今回は全面的にTOOL CRIBブログの引用で申し訳ないですが、重要と思いましたので和訳いたしました。

|

« トピックス | トップページ | 驚愕の事実・・・(lll゚Д゚) »

テーマ別木工」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【木工と安全】充電器の発火:

« トピックス | トップページ | 驚愕の事実・・・(lll゚Д゚) »