« Lagunaの兼用機の3つ目の機能 | トップページ | びっくり »

2009.03.04

$59プチサイクロン

一時期アマチュア木工サイトで話題となったサイクロン、今はトピックス的には一段落の感がありますが、便利に使っておられる方は多いと思います。ただ、大型の高価な既製品ものを購入する以外は、自作する以外に道はなく、二の足を踏んでいた方も多いと思います。

サイクロンの大手、Oneidaから、かわいいプラスチックのプチサイクロンが発売されました。これまでは金属製の立派な(高価な)タイプばかりを発売していましたが、いわゆるShop Vacuumタイプの集塵機に接続することを想定していて、5ガロン前後の缶で受けます。

Oneida印の5ガロン缶、その他もろもろの金具がセットで$99、サイクロン本体のみなら$59です。

ビデオでは集塵機の側にネジ止めして一体化している作例も紹介されています。

Oneida: Dust Deputy

これは場所も取らないし良いですね。とても欲しいですと言いたいところですが、個人的には先週末に2ステージを苦労して作って試運転終わったとこなんだよなぁ~(笑)。

|

« Lagunaの兼用機の3つ目の機能 | トップページ | びっくり »

木工News」カテゴリの記事

コメント

おおっ、これはいいですね。ビデオを見ましたが、一次分離室が無く、全てコーンで構成されていますね。これでしっかりほぼ完璧に吸い取ってますがびっくりです。これなら掃除機側のフィルターの目詰まり(清掃)は、長時間持つでしょう。うーん、私も欲しいです。これで100ドルとは、これは安いと思いますよ。

関係ない話ですが、メーカのOneidaは昔からなんて読むのだろうと思っていました。未だに読み方がわかりません。ご存じですか?
ワンアイダ、オンアイダ、ワンイダ???

投稿: 松本 | 2009.03.04 16:29

松本さん

これ良いですよね。分離能力は小さくてもさすがはOneidaという感じです。繰り返しますが先週自作の2ステージを完成してなければ即購入してたと思います。

社名は動画の冒頭で言っていますが音質が悪く、カタカナ表記するとすれば「オナイダ」でしょうか。

投稿: かんりにん | 2009.03.04 23:06

なるほど、会社では音声は切っていたので気づきませんでした。今聞きましたが、元々ヒアリングは苦手でなかなか聞き取れませんが、私にはワイナダと聞こえましたた。
でも本気でほしくなりました(笑)。

投稿: 松本 | 2009.03.05 06:32

松本さん

私も本気で欲しいです。

投稿: かんりにん | 2009.03.05 11:43

プチサイクロン、完璧ですね!
サイクロンを使いたい一番の理由がサンダーのダスト分離なので、大きなサイクロンより小さいのを作ってみたくなりました(^^;
駐車場用のカラーコーンを買ってみようかな(^^;

投稿: monaco | 2009.03.06 22:53

monacoさん

ホント、このサイズできちんと分離できてるのがすごいです。カラーコーンで寸法をマネしたら案外うまく行くかも知れませんね。

P.S. コメントこちらに移動しておきました。

投稿: かんりにん | 2009.03.06 22:59

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: $59プチサイクロン:

« Lagunaの兼用機の3つ目の機能 | トップページ | びっくり »