« クランプストレージ | トップページ | JET B3NCH シリーズ »

2009.02.23

クランプストレージ 続き

先日のクランプストレージは、60~80cmくらいのものは良いのですがそれ以上の長いものは出し入れしづらいので、横から引っ掛けるタイプをさらに天井に追加しました。
090223a

・・・・やりすぎたか^^?
天井中クランプだらけで、クランプ屋敷ならぬクランプ小屋といった風情です。

個人的にはかなりすっきりして、先日の端材ストレージとも相まって床面積も増えて、満足しています。
塩ビパイプのストックも尽きたので工房整理は一段落で、そろそろ次の作品に入ろうかという気持ちです。

塩ビパイプを「C」型に切り欠いて使用する方法は、下記のリンク先を参考にしました。他のアイデアも載っていますので、収納に困っている方はどうぞ。
TOOLCRIB: 13のクランプストレージ(フリープラン)

|

« クランプストレージ | トップページ | JET B3NCH シリーズ »

「TIPS」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
クランプ天井ですか、面白いです。
ところで、この天井には手が届く高さなのですか?
私もロフト天井はぎりぎり手が届きますので、このようにできますが、やはりDrawerが欲しいです。

投稿: 松本 | 2009.02.23 09:00

松本さん

本当に狭い小屋で、天井は手が届く高さです。下手にDrawerのような凝った細工をすると、頭にぶつかってしまうと思い、このようなスタイルになりました。
もう少し高ければ、やはり回転機構があった方がよいでしょうね。

これで10インチコンボくらいはぎりぎり入りそうな感じになってきましたよ(笑)。

投稿: かんりにん | 2009.02.23 12:35

ええっ、前々回で言っていたのは冗談かと思っていましたが、本気なんですか???
いやー、もし本気なら人ごとながら楽しみです(笑)。多分日本で始めてじゃないでしょうか。

日本では単相3線式でも電力会社の定格は200Vなので、ヨーロッパ系の240Vのインダクションモータならトルク的に30%強のダウンとなるため、使えないことは無いとは思いますが、ちょっと厳しそうですね。切削量を制限すれば問題ないとは思いますが。

私が思いつく対策としては、モータを単相から3相に変更して(できるかどうかは知りませんが)、インバータを入れれば、TOP速度で若干の回転数が下がる位でトルクはほぼ完全に保証できます。この場合も、やはり入力電源は単相AC200Vがベストです。(AC100Vでもできないことはありませんが、電流が増えるので電源周りから基本的に見直さなければいけないかも)

投稿: 松本 | 2009.02.23 15:51

松本さん

私はいつも真面目です。

冗談はさておき(笑)、新品の8インチの手押し専用機の値段プラス数万円で、10インチの手押しとさらに誘導モーターの自動がもれなく付いてくるわけで、十分検討に値する価格だと思うんですが(性能面は棚に上げています)。

電源関係で追加費用がかさむなら、アメリカ系のGrizzlyやJETから選んだ方が安くあがるかも知れません。

投稿: かんりにん | 2009.02.23 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/44148662

この記事へのトラックバック一覧です: クランプストレージ 続き:

« クランプストレージ | トップページ | JET B3NCH シリーズ »