« キックバックの原理と割刃 | トップページ | 電動工具入門講座 »

2008.12.08

14インチバンドソー 人気ベスト10

Tool Cribの人が調べた、ネット口コミでの14インチバンドソー 人気ベスト10。

Best 14″ Bandsaws: Grizzly vs. Rikon vs. Powermatic vs. Laguna and More

順位と、著者が気に留めたコメントのみ紹介します。

(1) Grizzly G0555
  「この熊さんは、バーゲン価格の堅実な働き者。全体の調整と仕上げは良好で、フェンスは高品質。このバンドソーは全てのテストで良好であった。」
 引用者コメント: ウチのバンドソーはこれです。値段が安く、細かい部分ではアヤシイ部分はあるのですが、全体としては全く問題なく愛用しています。コストと品質のバランスがとれた好例だと思います。プロユースだとどうかなとは思いますが。あと、集塵は若干投げやりで、「穴開けときゃ良いんでしょ」、と言う感じです。

(2) Rikon 10-325
 「このバンドソーは、異常に複雑なかつ雑な作りのブレードガイドのために、我々のテストではその順位を落とした。しかしながら、テストした中では最もリソーの能力があり、切れ味も良好だった。」

(3) Powermatic PWBS-14CS 1791216K
 「この機種は、鋳造の兄弟たちの中では良い成績を収めたが、私たちのテストした機械は、ホイールが1/8インチ(3.2ミリ)以上ずれていた(misaligned)。」

(4) Craftsman Bandsaw 22401

(5) Laguna LT14SE
 「張力とトラッキングを調整するノブは大型で、調整と仕上げは優秀だが、テーブルがブレードの右側がもう少し広かったら良かった(※)。張力スケールがないので、張力計を使うか手応えでテンションを調整する必要がある。」 (※部分の和訳に自信がないので間違ってたら指摘下さい。)

(6) Grizzly G0457
 「集塵は良好だが、ブレード交換がやりづらい。テンションは直感的なクイックリリースメカニズムにより、セットしやすく調整しやすい。トラッキングノブの大きさが良い。背の高いフェンスがスムースに動きしっかり固定でき、リソーには最適。曲線カットは問題なし、リソーも高品質。」

(7) Delta 28-475X
 「このデルタは能力も高く傾斜する大きなテーブルを持つが、騒音と振動が多い傾向があり、リソーの時に不満足な結果となる。多くの箇所で調整と仕上げはプアーであり、集塵は平均点以下。」

(8) JET JWBS-14DX

(9) Ridgid BS1400
 「このバンドソーは、趣味のあるいはウィークエンドウッドワーカーにはすばらしい入門機種であるが、仕事で使おうとするならば、がっかりすることになるだろう。」

(10) Steel City 50100G Deluxe Granite Bandsaw
 引用者コメント:SteelCityの最近の一押しであるテーブルにgranite(花こう岩;みかげ石)を使ったラインアップのバンドソー。graniteの詳細は分からないのですが、(人工)大理石じゃないですよね。
最近はホイールまでも、この「石」で作った機種を発表したそうですが・・・効果のほどはいかに?

日本で容易に入手できるのは(Grizzlyの日本版である)KERBブランドと、デルタくらいでしょうから、あんまり参考にならないですかね。

|

« キックバックの原理と割刃 | トップページ | 電動工具入門講座 »

「ツールレビュー」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
実は14"ではないんですが、2005年11月に雑誌WOODでバンドソーのツールテストを行っています。まずは5lbsのウエイトで材料を引っ張り自然にカッティングし、レットオークの18インチ長さ、10インチ高さの材料を挽き割る時間を計ったものです。もちろんブレードはOlsonの2TPI、1"幅の同じ物を使っています。私は切れ味はブレードで決まるので、マシンではそんなに違いは無いだろうと思っていましたが、結構あるんですね。びっくりですが、なぜマシンでこうも変わるのかが理解できません(確かにブレード速度は正確には違いますが、そう大差はありません)。最高がG0514の164秒、次はRikonの169秒、最低がG0513の235秒です。いずれもモデルが14"ではないので全く参考にはなりませんが、この時のTop Toolで選ばれたのがRikonです。切れ味の他に、ブレードガイドがボールベアリングと言うことが評価されたようです。多分技術は継承していると思いますので、もし買うなら私はRikonを買いたいです。でも言われるように日本では選択肢としては苦しいです。

投稿: 松本 | 2008.12.09 20:32

松本さん こんにちは。

情報ありがとうございます。

Grizzlyの結果から考えられるのは、負荷によってブレード速度が下がっていたのではないでしょうか。あとは公称馬力が同じでもモーターの性能の差とか、伝達効率、それからブレードや全体の振動も影響するでしょうね。数字でどの程度出るかはわかりませんが。

あとはただ単にテーブルと材料のすべりが悪かったとか?

投稿: かんりにん | 2008.12.10 03:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/43362545

この記事へのトラックバック一覧です: 14インチバンドソー 人気ベスト10:

« キックバックの原理と割刃 | トップページ | 電動工具入門講座 »