« 2008スピード木工ツールズ | トップページ | SPF木工のススメ? »

2008.11.26

トリトンを継ぐもの

トリトンは、海外では未だによく分かりませんが、現在日本では完全に閉店状態のようです。

海外のものが現在ほど簡単に入手できない不自由な一昔前の時代、同社の「ワークセンター」シリーズは日本のアマチュア木工家の入門機として名を馳せ、日本の趣味の木工界に多大な影響を及ぼしてきたことは間違いないと思います。プロの木工家の工房でさえもワークセンターが大いばりで鎮座している写真も見ることができました。今でこそみんなネットでポチポチしてますが、その「不自由な時代」というのは、それほど遠い過去ではなかったのです。

今、トリトン以外でそういうコンセプトのものって、ないんじゃないかな、と思って少し探してみました。

(1)ルーレム フリップ
Flip
2007年、テクノトゥールズさんがJAPAN DIYホームセンターショーで展示した、フランス・ルーレム社のフリップ。
手持ちの丸ノコ、ルーター、ジグソーを組み込んで、精密に、いろいろな加工をすることができますとのことで、コンセプトはトリトンのワークセンターとそっくりです。
日本に上陸とのウワサを某所で目にしましたが、未だ叶わないようです。
LUREM FLIP

(2)メタボ TKHS315
Phpthumb_generated_thumbnailjpg_2
そして、メタボがジョブサイトソーを考えるとこんな形になるのか、TKHS315。
プレス定盤に細い脚と、不安を感じさせる風貌ではありますが、メタボが売るだけのことはきっとあるのでしょう。2馬力モーターで64kgですから、BMWのエンジンを軽自動車に乗せたじゃじゃ馬、みたいな感じでしょうか。モーターは誘導モータのようです(日本仕様は未確認)。

こちらは、日本のTOOLS GRさんから現在予約受付中です。15万円くらい。
metabo テーブルソー TKHS 315M

(3)ピーウッド PWT-C1
Pwtc1bP-TOOLSさんのプライベートブランドと思われる「ピーウッド」の新製品で、「自作テーブルソー専用丸ノコ」です。BOSCHのモーターに、広い定盤をセットした丸ノコで、「オリジナルのテーブルソー作製を楽しむことができます」とのこと。

この発想は海外を見渡してもこれまでなかったと思います。但し、現在の時点でテーブルソーを自作しようと言う購買層がどれだけいるかはちょっと首をかしげてしまいます(「芝地式テーブルソー」で時代を築いたTAMA CRAFTさんも、現在は自作テーブルソーのビジネスは休止状態になっています)。それでも、それ自体を楽しもうという方にはオススメの選択だと思います。3万円くらい。
自作テーブルソー用オプションも豊富です。
ピーウッド PWT-C1 プレートマルノコ


いずれにしても、微妙にトリトンよりは高額になってしまいそうですね。

|

« 2008スピード木工ツールズ | トップページ | SPF木工のススメ? »

「木工News」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
2008東京国際木工機械展ではFESTOOLのブースに、トリトンワークセンター2000とよく似たコンセプトのものがありました。
小型のテーブルに、丸ノコやルーターやジグソーなどが、トリトンのように取り付けられます。
カタログには「CMS」と書いてありました。日本でのお値段がついていないのですが、調べてみたら40万円くらいだそうです。たぶん、テーブルだけのお値段です。
どんな人が買うのでしょうか。

トリトンはシリーズの殆どを揃えてしまったわたしですけど、一番使っているのは、トリトンのダストコレクター(ゴミ箱)です(笑)

投稿: むーじょ | 2008.11.26 17:38

女王様 こんにちは。

ダストコレクター、名作だと思いますよ。

FESTOのCMS、これですね。
http://hafele.jp/products/pdf/festool/HJA-festool-pdf-CMS.pdf
スライドテーブルとか、良さそうなんですが、40万とは高いですね。

昔見たことがあるなと思ったら、ちょっと違いました。
こちらも高いです。
http://www.eftool.jp/tools/precisio.html
(もしかしたら、同じものの丸ノコセットかもしれません。)

投稿: かんりにん | 2008.11.26 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/43223045

この記事へのトラックバック一覧です: トリトンを継ぐもの:

« 2008スピード木工ツールズ | トップページ | SPF木工のススメ? »