« おうち床屋さん | トップページ | エアネイラー »

2008.10.17

コンプレッサのある生活再び

最近、工房整理と称して、工具を二つ処分しては一つ追加している、そんなペース(笑)。

コンプレッサはナカトミのCP-1500を持っていたのですが、場所を取りすぎていたので処分しました。のですがやはりあったら良いと思う場面が多く、もっと小さい機種に買い換えることにしました。

安物で良いと思っていたのですが、調べるうちにアネスト岩田が静音タイプを謳ってオイルレスタイプを出していることを知りました。アネスト岩田は騒音値を公表しており、最も静かなのは1/8馬力タイプですが66dBと書いてあります。コンプレッサはウルサイのが当たり前と思っていましたので、この数字は驚異的です。

「静かな木工」研究家としては手をださずにはおれません。66dBのにしようかと思ったのですが、ちょっと欲が出てしまい、1/4馬力のFX2052というタイプにしてしまいました。
(リンク先にタイプ別騒音値一覧表、および、目的別対応一覧表があります。)
これでも騒音の公称値は70dBです。1/8馬力ではブロアとエアブラシくらいまでですが、1/4馬力なら、インパクトレンチが使えるようになる、くらいのイメージでしょうか。

081017aさっそくワクワクしながら開梱。
周りが汚くて申し訳ありません。
縦型で、壁掛け設置が可能であるされています。頭でっかちで青くて猫型ロボットみたいです。

081017b早速スイッチを入れてみました。コンプレッサの音って普通は「だだだだだっ」というイメージですが、これは「ぶぅーううん」という、熱帯魚のポンプの親分みたいな感じの音です。

・・・・・・で、期待はずれなことに、思ったよりウルサイ。ていうか、かなりうるさい。

いつぞやの安物騒音計で測定すると、1m離れて88dB。数値的には、最近の丸ノコと同じくらいの数字です。ただし、音質のせいで丸ノコほどの精神的圧迫感はありません。が、夜中に気兼ねなく回せるような代物ではないです。表を良く読むと、「無響音室での弊社測定基準に準じた測定値です。お客様の作業環境に応じて聞こえ方は異なります。」と書いてあります。

これなら同クラスの7~8千円の安物を買って防音ボックスを作った方が良かったかなあとも思いましたが、きっと数年後にこっちにしておいて良かったと思える日が来ると思うことにします。「壁掛け防音ボックス」を別途計画します。

まぁ、普通のコンプレッサよりは静かなんですけどね、騒音以外は、つくりもしっかりしており全く問題ありません。特に圧力調整がやりやすく、シビアな用途には威力を発揮すると思います。

|

« おうち床屋さん | トップページ | エアネイラー »

「ツールレビュー」カテゴリの記事

「静かな木工」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
見た目すごく格好がいいですね。本当、ロボットのようです(笑)
でも騒音にはがっかりですね。実は私も全く同じ経験をしました。

私の場合集塵機ですが。いつからか台湾のメーカKUFOからDMが届くようになって、その中に新発売として集塵機がありました。見ると2HPでなんと騒音が53dBとあります。とんでも無い数値で迷わず飛びつきました。個人輸入で苦労してなんとか台湾から自宅まで輸送してもらい、コンテナの中に設置しました。最初にやったことは騒音を計ることです。すると、53dBのはずがなんと83dBです。愕然としました。ええっ、何で・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/26323444.html

そこで、KUFOに問い合わせた結果、まさにForestさんと同じ答えが。KUFOは、音が反射しない屋外のOpenな場所での測定結果と言ってきました。つまり反射の無い条件です。そこで、コンテナのドアを開けその時点で最善の反射が少ない状態で計った結果が78dBです。でも、これだけしか下がりませんでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/26377394.html

ものすごいショックだったことを覚えていますが、今のForestさんの心境だと思います。SPECとして謳われている騒音には要注意ですね。良い勉強になりました。

投稿: 松本 | 2008.10.17 13:33

あれー、今やったら、プロキシを使わなくても投稿できましたね、昔はできなかったと思ったんですが。失礼しました。

投稿: 松本 | 2008.10.17 13:35

はじめまして
いつも楽しく読ませてもらっています。
まさに同じパターンなので、思わず書き込んじゃいました。最初に音を聞いたときは、結構なショックですよね^^;
だって「住宅地でもOK!」なんて書いてありませんでした?
まあ、よお~く聞くとレシプロ系の叩き付けるような音ではありませんから、防音ケースは作り易いかも知れませんね。取敢えず囲い込むだけで、結構減衰しそうな周波数じゃ無いかと思います。
最近は音より、ドレンコックの位置が不満です。位置からすると壁掛けでの設置が必須のようです。
おっしゃるとおり、デザインや使い勝手は気に入ってるんですけどね~。
見た目より吐出量も無いので、補助タンクを併用してます。

投稿: kats | 2008.10.18 01:50

松本さん
コメントありがとうございます。松本さんの記事は記憶にあります。日本の信頼できそうなメーカーだし、数字が「微妙にありえそう」な数値だったので、注文して届くまでは全く疑いませんでした。記事を書きながら、あー同じようなことを仰っていた方がいたなーと(笑)。
今は「無響音室」の威力に、純粋に驚いています。

投稿: かんりにん | 2008.10.18 03:11

katsさん
コメントありがとうございます。

おー同じ境遇の方ですね。微妙に結構ショックな音量ですよね。何にお使いですか?

仰るように、出力が小さいこともありますが、従来のオイル式よりも振動は全然少ないですね。測ってみたら丸ノコと同じ、というのも体感的なうるささと合致していない気もしました。

ドレーンは確かに良くない位置ですね。全体の重量が軽いのでまだマシですが、防音ボックスはよく考えないと水抜きできなくなりそうです。

投稿: かんりにん | 2008.10.18 03:25

えっ、「無響音室」の威力に・・・
っても作られたのですか?それで、その実感ですか?それとも、メーカが言うことを信じられての発言ですか?

投稿: 松本 | 2008.10.18 12:46

すみません、誤字です。
誤>っても作られたのですか?
正>って、もう作られたのですか?

投稿: 松本 | 2008.10.18 12:48

松本さん

「無響音室」はもちろん後者です。多分それ以外の測定条件も効いていると思います。特に距離は効くでしょうね。

投稿: かんりにん | 2008.10.18 17:15

こんばんは、投稿テストです。

投稿: 松本 | 2008.10.19 18:22

成功したようです。おまじないではなく、Firefoxのスクリプトでやってます。ありがとうございました。では、再度コメントします。

騒音の件ですが、コンプレッサの場合は一般に1.5mで測定しているようです。産業用は1mと私も思っていましたが、メーカのカタログにも1.5mと注意書きがあります。
よくわかりませんが、JISか何かで決まっているのでしょう。
1.5mにしたら、どの位減るでしょうか。興味があります。

投稿: 松本 | 2008.10.19 18:25

松本さん

おまじないじゃなくてスクリプト効きましたね。

今日、コンプレッサを回しながら狭い工房をウロウロしましたが、1mと1.5mではほとんど変化がありません。実質3畳程度の小屋なので(涙)、壁からの反射が無視できないようです。

ワタシもJISは当たっていますが、距離に関して明確な規定は見つけられていません。

投稿: かんりにん | 2008.10.19 22:23

なるほど、反射のある場所ではそういうことですね。納得です。

ところでどうでもいいことですが、どうにも腑に落ちません。

実はJISを調べてみました。JIS B 8346に「送風機及び圧縮機-騒音レベル測定方法」というのがあり中身を見てみましたら、どこにも1.5mと言う記述は出てきません。全て1mです。

ところが、有名メーカのカタログを3社(東芝、日立、岩田)調べましたが、いずれも、「正面1.5m」としっかり謳っています。ふーむ、理解できませんね。

投稿: 松本 | 2008.10.20 14:56

 実は勤め先には、レシプロ・スクリュー・ベーンタイプと色んな種類のコンプレッサーや、真空ポンプがありますが、聞く比べて考えるに、要は「音色」が違うんではないかと思います。レシプロのピストンタイプは「パコ・パコ・パコ」と聞こえますし、スクリューは「ムー」ベーンやダイヤフラムは「ヴェー」とか「ブ~」とか聞こえます。
 本機(FX2052)の場合「ヴェー」で始まって、圧力スイッチの上限近くで「ビィー!!」と叫んだ直後「ボフッ」と息絶えるパターンの様です。丸ノコと同程度の騒音でも、高音ながら比較的均質な音色の丸ノコと、注意喚起目的で使用されるブザーに似通った「ヴェー」とか「ビィー」という雑味豊かな音質では、人間の感じ方が違うのではないかと思います。
 防音BOXを作られたら是非此処(ブログ)で紹介してください、「ツイテイキマス」(笑)
 ちなみに用途は、ダストブロアー・ネイラー・インパクトレンチというところです

投稿: kats | 2008.10.20 20:39

松本さん

JISも最近はオンライン化して調べやすくなりましたが、それでも専門外にはその分野の体系が簡単には理解できません。また見つけられたら教えてください。

katsさん

「ヴェー」は言い得て妙ですね。まさにそんな感じです。丸ノコが精神的に追い詰められるような音に聞こえるのは、丸ノコが危ないと「知識」で知っているからそうなのか、それとも本能的に怖い音というのがあってそう聞こえるのか、どっちなんでしょう?
(個人差もあると思いますが。)

しかし最近このブログ、「ぶーん」とか「しゅぽん」とか擬音が多いのは、「うりゃぽっきん」な女王様のおかげで、心が解放されたからでしょうか?

投稿: かんりにん | 2008.10.20 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/42812570

この記事へのトラックバック一覧です: コンプレッサのある生活再び:

« おうち床屋さん | トップページ | エアネイラー »