« マルノコ進化 | トップページ | マキタ厚切り丸ノコ5731 レビュー »

2008.09.24

Veritasの新しいSide Rabbet Plane

Veritasのカタログを眺めていて、最近の新製品とおぼしきSide Rabbet Plane。

05p4401s5(写真はサイトより借用。)

溝状の部分の側面(壁)を削り、真っ直ぐにするあるいは、はめ合いを調整するためのカンナです。

欧米のカンナの体系はよくわかりませんが、それ自体は古くはStanleyなどから出ていたものの現代的リプロダクションです。
電動ルーターが普及している現代、溝関連はみんなルーターでやってしまいますから、恐らく、Router Planeと同じくらい持っている方の方が少ないマイナーな工具ではないかと思います。

日本のカンナ体系では、「ヒフクラ」にあたるものと考えて良いと思います。ヒフクラは右・左ありますがこれは1台で兼用できます。ハンドルがピボット式に回転し、右・左に切り換えて使えるようになっており、この辺りがVeritasらしさでしょうか。
隅っこで刃が届かないところにも、帽子のように台頭部分を着脱することでアプローチ可能です。

Veritas Side Rabbet Plane

|

« マルノコ進化 | トップページ | マキタ厚切り丸ノコ5731 レビュー »

「木工News」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/42578659

この記事へのトラックバック一覧です: Veritasの新しいSide Rabbet Plane:

« マルノコ進化 | トップページ | マキタ厚切り丸ノコ5731 レビュー »