« 豊かな家具(4) | トップページ | さび付いたのは・・・ »

2008.06.04

木工機械トレンド

半年か1年近く、木工機械を取り巻くトレンドについては目に入れられない状態でしたが、最近目に付くところをいくつか。

うれしいところで、輸入機械のパイオニアであるリブロスデルムンドさんが、下記の取扱いを始めています。

(1)Spoke Shaveブランドのラインアップの充実 (手押し、自動かんな盤)
 シリアス木工マニアのために広幅タイプがラインアップされましたが、200Vなので恩恵を被るヒトは少数か。
 欧米で出回りはじめていたスパイラルカッターも150mm幅の手押しで登場。カーバイドチップで4面使用可能&切削抵抗ダウンはわかりますが、仕上がりがどうなのか気になるところ。

(2)Steel City製品の取扱開始
 まずはバンドソー、ハイブリッドソー、角ノミ盤の3機種がお目見え。
ハイブリッドソーは「おおっ!」と思う価格設定で、おもわず注文メールを書きかけましたが(笑)、フェンスシステムが別売りですから要注意。ちなみにSteel Cityのハイブリッドソーは、テーブルではなくて筐体にモーターを固定するという、キャビネットソーと同じ駆動方法を採用している数少ないハイブリッドソーの一つです。振動が少ないことが期待されますが、振動はそれだけでは決まりませんから一概には言えません。価格が安いこともあり、今後の研究対象に入れる価値はありそうです。

(3)2ステージサイクロン集塵機がお目見え。
アマチュア用で市販のサイクロンシステムというのは日本で初めてに近いのではないかと思います(おっと、ダイソンの次か)。3/4HPでパワーとしては控えめ。

リブロスデルムンドさんは、アマチュア木工家の味方と勝手にワタシは思いこんでおり、頑張っていただきたいと勝手に応援しておりますっ。

他にもいくつかあるかもしれませんが、今日はここまで。
引用禁止とのことなので、今日は画像はなしです。

それにしてもデルタ大丈夫か。

|

« 豊かな家具(4) | トップページ | さび付いたのは・・・ »

木工News」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!(かな?)
いつも拝見させていただいております。

ところで、リブロスのHPのSteel Cityのハイブリッドソー別売のフェンスの画像にCRAFTSMANの文字を発見しました。
あまりに似ているので、もしやと思っていましたが(^^;

先日、BT3100のHPを閉鎖し、BTもオークションへ出してしまいSteel CityかSpokeShaveで悩んでいます(^^;

投稿: monaco | 2008.06.04 21:28

Steel CityとSpokeShaveの画像は↓です。
http://blogs.yahoo.co.jp/monaco2000/39348762.html

投稿: monaco | 2008.06.05 01:05

monacoさん、はじめまして、になるのでしょうか。私としてはもう数年前からずっと拝見していましたので、違和感があります^^。

BT3100は、ユーザーに惜しまれつつも消えてしまいました。掲示板がいつしかなくなってしまったのも、そういうことかーとサビシイ思いをしておりました。個人的には次はBOSCHかと睨んでおりましたが、あまり日本では盛り上がらないようです。

さて、Steel City とSpoke Shaveの詳細情報ありがとうございます。木工熱の再燃にあたり、まずは新兵器を揃えようかと密かに画策しております(←カタチからはいるタイプ)。ので参考になりました。

投稿: かんりにん | 2008.06.05 01:59

私も始めましてです。松本と申します。
いつもROMですみません。最新情報はここで得ていましたが、最近は更新頻度も少なく寂しい思いをしていました。隠れファンです(笑)

スパイラルカッターですが、私は日本で初めてインプレッションを目にしました。チャリダーさんの掲示板に書かれています。結果は切削面に関してはあまりよろしくないようですが、騒音が小さい点や、木屑が小さく細切れになるという点では優れているそうです。情報まで。

投稿: 松本 | 2008.06.05 21:54

松本さん
コメントありがとうございます。私も隠れファンです。ブログいつも拝見していました。テーブルソーうらやましいです。

スパイラルカッターについてですが、こんなところで何ですがチャリダーさんのレポート拝見しました。あの切り干し大根は集塵上もイヤらしいので、その点だけでも良さそうですね。

投稿: かんりにん | 2008.06.06 09:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木工機械トレンド:

« 豊かな家具(4) | トップページ | さび付いたのは・・・ »