« Eurekazone EZ スマートガイド レビュー まとめのまとめ | トップページ | LEIGHの新しいダブテールマシン »

2007.05.26

安全な木工(2)-BOSCH の取り組み

欧州風の安全装置、特に割り刃(riving knife)を評価する声は高いようですが、いかんせん入手できる機種が限られ、特に日本ではその恩恵に浴することは、アマチュアではほぼ不可能に近い状態でありました。

この度米国で、ポータブルなテーブルソーで定評のあるBOSCHが、ヨーロピアンスタイルのブレードガードを持つテーブルソーを発売する予定であることを発表したとのこと。

410009straightcutwmodel4このテーブルソーのブレードガードの特徴を抜き書きすると、

・工具レスで数秒で着脱できる。
・splitterが、ブレードと一緒に昇降する構造なので、溝掘りやホゾを切るなど(即ち、切断してしまわない使い方)の時も邪魔にならず付けたままにしておける。
・ブレードカバーは後ろから出てくるのではなく、このスプリッターアセンブリに取り付ける構造。

と言うことで、ワタシが口コミで知っている欧州風の安全機構そのままと考えて良さそうです。

米国流のanti-kickback pawlも合わせて装備していますが、これはヨーロッパの法規制においては必須ではなく、紹介記事のレビューアーもそんなに使うことはないだろうと述べています。

さらにテーブルソー自身の特徴として、1/64"のデジタルリードアウトが装備されたフェンスや、BOSCHがGravity Rise と呼んでいる、ワンタッチで折り畳み可能な脚が付属して、メーカー希望価格が679ドル。

数ヶ月のうちに発売予定とのこと。
スペースの関係で、ポータブルタイプを主眼に探している方なら、日本でも検討の価値は十分あると思います。個人輸入が前提ですが。

これで音が静かならなあ。複数メーカを含んだ大きな流れになることを期待したいです。

Popular Woodworking "New Bosch Table Saw has European Guard System"
(写真は上記記事より借用)

|

« Eurekazone EZ スマートガイド レビュー まとめのまとめ | トップページ | LEIGHの新しいダブテールマシン »

「テーマ別木工」カテゴリの記事

「木工News」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
記事のボッシュ4100シリーズは私も気になっていて、非常に期待しています。なにしろ置き場所が無いので、移動できるのは魅力です。
Tauntonのサイトで4100のガードを取り付ける場面が動画で紹介されています。残念ながら実際に切るところは見られませんが、ご参考までに。
http://www.taunton.com/finehomebuilding/how-to/video/ibs-bosch-tablesaw.aspx?nterms=66146

投稿: koeda@札幌 | 2007.05.29 15:35

koedaさん

この動画はとても良いですね~。ありがとうございます。

ガード周辺の動きがよく分かります。よく考えられていますね。割り刃は「取り付ける」と言うより、格納されていて「せり出てくる」という感じなんですかね。

フェンスの作りも良さそうです。

さて、作業および収納スペースに悩まれている点はワタシと同類のようですが(失礼)、Gravity Riseは縦置きにできるので収納効率は良さそうです。動画がBOSCHのサイトにありますが、こちらも使い勝手は良さそうですね。

http://www.boschtools.com/tools/tools-detail.htm?H=175981&G=54932&I=58462
(Video Demoをクリック)

投稿: かんりにん | 2007.05.29 17:17

お察しのとおりですが、かんりにんさん以上にスペースの条件は厳しいです。でも、道具は欲しいし、財布は軽いし(涙)

YouTubeにもBosch社が制作したとおぼしき動画が出ていますね。
http://www.youtube.com/watch?v=kzOR6Qe1rYg&mode=related&search=

リョービのBT3100に代わる魅力的でリーズナブルなテーブルソーが未だに登場しませんが、Gravity Riseやデジタルのフェンスを含めて考えると特徴ある魅力的な機械に思えます。

投稿: koeda@札幌 | 2007.06.07 14:10

koedaさん
追加情報ありがとうございます。

BT3100は入手経路が限られ、結果として日本では若干割高なイメージがありましたが、BOSCHならそのあたりで選択の余地は増えそうですね。発売を期待したいと思います。

投稿: かんりにん | 2007.06.08 12:26

サイト、いつも拝見しております。
私もテーブルソーの導入をずっと検討していますが、なかなか踏み切れないでいます。
ボッシュの4100テーブルソーあなたのサイトで知りました。
先日ボッシュジャパンに問い合わせました。
窓口の女性では要領を得ないので話が通じる方と変わってもらい話しましたが、残念ながら、日本での販売は予定していないそうです。モーターの100ボルト仕様への変更などで価格が上がる事や日本での需要が見込まれないためだそうです。(需要はあると思うのですがね。)
ちなみにモーターは汎用モーター(ブラシの要るタイプ)だそうです。

投稿: tango | 2007.07.20 14:05

tangoさんこんにちは。

いつも見て頂きありがとうございます。

突撃レポートありがとうございます。日本での発売はなさそうですね。日本メーカでもこのクラスの丸ノコ盤はあまり飛ぶように売れてる感じじゃないですからね。

投稿: かんりにん | 2007.07.21 03:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/15204042

この記事へのトラックバック一覧です: 安全な木工(2)-BOSCH の取り組み:

« Eurekazone EZ スマートガイド レビュー まとめのまとめ | トップページ | LEIGHの新しいダブテールマシン »