« でかっ | トップページ | Eurekazone EZ スマートガイド レビュー (2) »

2007.04.29

Eurekazone EZ スマートガイド レビュー (1)

パネルソーとユニソーとスライド丸ノコを兼用できるなんて思わせぶりなことを書いてから、かなり時間が空いてしまいましたが、やっと触る時間ができたのでレビューをしたいと思います。

Veneer1bigブツはEurekazoneという会社のEZ Smart Guideという製品です。

この製品群の根幹となるものは、高精度で頑丈なアルミ製のレールです。その他、このレールの上で丸ノコを走らせるためのハカマや、ルータをセットできるようなキットが同時に発売されています。これらは自由に組み合わせて使うことができ、レール自身もコネクターで無限に延長することができます。

この辺りでピンときた方が大半と思いますが、もっと簡単に言うと、丸ノコ機能に関して言えば、FESTOOLの丸ノコ+レールのシステムを、丸ノコ別売りでもしくはレトロフィットでやってやろうということです。FESTOのそれは日本では驚くような値段ですが、丸ノコを持っていればFESTOの数分の一の値段でできることになります。

最初はよく分からないので、とりあえず100インチセットを購入しました。その他数点を同時に購入しているのですが、とりあえず100インチセットの方から紹介します。

まずはレール。
070429aこちらが表。真ん中の凸がレールとなり、この凸に沿って丸ノコやルータが走ります。両端に白いアルミサッシのビードみたいな部品が見えますが、これがこのレールのセールスポイントの一つ。FESTOをご存じの方なら既にお分かりでしょうが、この部品はアンチチップエッジと呼ばれ、丸ノコの刃の際を押さえることで、材料のささくれを押さえてくれる仕組みです。購入時一番最初にこの部分をわずかに共切りすることにより、際ぎりぎりを押さえるようになっていることもFESTOと同様です。思ったよりも硬い材質でできており、わずかにレール本体とはツライチではなく、クランプするとぐっと押さえつけられるようになっています。
なお、真ん中の凸に黒い部品が付いていますが、これはストップブロックでセットには含まれておらず、別売です。

070429bこちらが裏側。
このシステムのもう一つの売りは、裏側に2本のスロットがあり、ここにシステマチックなクランプ類をセットできることです。写真はセットに標準付属のスマートクランプという名称のクランプで、ネジ一本で位置固定と材料クランプを同時にできるように考えられています。セットには2個付属しており、別売りで買い足すことも可能です。

070429c真横から見ると、各部品の位置関係がよく分かります。似たような単なる丸ノコ定規ならベニヤ板でも作れますが、これだけの機能をこの厚みにシステマチックに組み込むことは難しいのではないかと思います。

ここまで見てもFESTOを強く意識した製品のように見えます。さらにレビュー第1回目で書いて(バラして)しまいますと、どうもこのレール、FESTOのレールとコンパチブルらしい?
※ どこにも明記はされておらず未確認情報です。別途調査中。

|

« でかっ | トップページ | Eurekazone EZ スマートガイド レビュー (2) »

「ツールレビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/14890493

この記事へのトラックバック一覧です: Eurekazone EZ スマートガイド レビュー (1):

« でかっ | トップページ | Eurekazone EZ スマートガイド レビュー (2) »