« プチ増築 & 良いお年を・・・ | トップページ | 小林式角のみ »

2007.01.02

ドリルでダブテールジョイント?

今回は、「静かな木工」のカテゴリーに入れられるか、微妙な製品の紹介です。

4205000
ドイツ・ウルフクラフト社の「ホゾ切りセット」。
これは和名はともかく、アリ接ぎ(ダブテールジョイント)とアラレ接ぎ(コームジョイント)ができる、電動ドリル用のアタッチメントです。

・・・ええ、ルータではなく電動ドリルです。

4205000_aw01どのような原理なのか?見てみましたが、結局はドリルの先にアリ溝ビットかストレートビットを付けて、テンプレートに沿ってなぞるという、ルーターで良く見るタイプのものと同じ仕組みになっています。

首の径が43mmφの電動ドリルが必要(別売り)で、この先端にアタッチメントを取り付けるのですが、これがこの製品のミソと言えます。

アリ接ぎは、機械でやるとすれば本来ルータが必要でかなりやかましい作業になります。この作業を例えばコードレスのドリルでできるならば、かなり静音化ができると思うのです。 が、残念ながら、(本家のホームページでははっきりしませんが)日本の小売業者の説明には3000rpm以上のドリルが必要と書いてあります。これに従うとすればコードレスではちょっと無理で、結構馬力のあるACタイプの電動ドリルでなければ、サクサクといかないのではないかと想像します。


本家ホームページ(英語)はこちら: http://www.wolfcraft.co.uk/en/

この他にも、同社の製品には、電動ドリル用ダボ治具ポケットホール治具と言ったオーソドックスなところから、手持ちグラインダー用のビスケットジョインター電動ドリル用のトリミング(縁取り)治具など、一ひねりした製品が揃っています。

最後のトリミング治具は日本でも売られており、これはトリマーがどうしてもダメな方(騒音的に、あるいは精神的に)には、かなり代替案となりうる製品と思います。
こちらの画像の方がインパクトがあるでしょう。
59132_b3_1
ドリルのパワーもあまり要らなさそうなので、これなら「静かな木工」カテゴリーに入れられるかな?

日本では、今回紹介した「ホゾ切りセット」と、BOSCHのによく似たコンパクトなダボ治具(和名は「ホビーボーイセット」)と、最後の「ハンドカッターセット」のみがよく売られているようです。取扱業者はどこが良いかは分からないので、カタカナで「ウルフクラフト」とググッてみてください。

商品の概要が分かりやすいのはこちら。 夢隊WEB

|

« プチ増築 & 良いお年を・・・ | トップページ | 小林式角のみ »

「ツールレビュー」カテゴリの記事

「テーマ別木工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/13311476

この記事へのトラックバック一覧です: ドリルでダブテールジョイント?:

« プチ増築 & 良いお年を・・・ | トップページ | 小林式角のみ »