« 口コミとウェブログ | トップページ | 勝手に帰ってきたツールレビュー (3)ハイブリッドソー »

2007.01.27

Grizzlyの12インチ手押し/自動兼用機

G0633
先日速報したGrizzlyの12インチ手押し/自動兼用機、G0633が自社のホームページでリリースされています。
モータは5馬力。カッターヘッドは1階と2階で共用し、手押し・自動いずれも12インチという、なかなか贅沢な仕様になっています。

G0633_det5自動カンナモードの際は、手押しの定盤をパタンとフリップアップし、右の写真のような状態で使うそうです。合体ロボ世代としては、ギミックとして魅力的なものがありますね。

気になる値段ですが、残念ながら、本体1800ドル弱と前評判よりは少し高めです。米国内での送料含めると2000ドル近くになってしまい、ここからフォーワーダーをうまく使ってどこまで安くできるかですが、普通なら船便でも3000ドルくらいになっちゃうのかなあというのが、私の勝手な推定。

値段もなかなかですが、電源は220V単相で25Aが必要で、やはりちょっと個人の趣味には似つかわしくないスペックです。 重量も300kgくらいと下手な物置工房では床も抜けそうです。

ちなみに、このクラスに対抗できる兼用機で、日本で購入可能なものは、と思ってピックアップしてみます。

2035国内メーカにも兼用機はたくさんあるのですが、手押しと自動を横に並べるタイプが多く、自動は30cmと同程度ですが手押しを150cm前後と小さめに設計するものがメインです。マキタでは、2035というタイプが手押し・自動共に1尺切削を謳っており、G0633と同程度のクラスと言えるでしょう。値段は50万円くらいで、重量は250kg。

Hkp100rmsum日立の兼用機はP100RAというシリーズがアマチュアの間でも結構有名でしたが、その上位機種でP100RMというのがあり、これは手押しは若干狭いですが250mm、自動300mmです。
これもやはり45万円くらいで、重量は100kgと聞くともの凄く軽いように聞こえますが、冷静に考えればバンドソーと同じくらいの重さです。

Adh1630_01メタボ40万円のヤツは、今見たら日本では廃番みたいですね。

ということで、日本の上記2機種はご多分にもれず汎用モータですし、Grizzlyのは重さと電源さえ許容できれば案外良い買い物かも知れないと思い直しています。自動も手押しも据え置きのヤツをど~んと買おうかななんて言うシリアスな木工家なら、検討に値すると思います。12インチの手押しなんて夢のようですよね。

今後の評価を待ちたいと思います。

・・・個人的にはちょっとだけ期待しましたが、やはりちょっとワタシの手には負えるもんじゃないな、と言う感じです。

|

« 口コミとウェブログ | トップページ | 勝手に帰ってきたツールレビュー (3)ハイブリッドソー »

「木工News」カテゴリの記事

コメント

初めまして、カナダ在住のMatt(日本人です)と申します。
私は木工を始めて1年ちょっとの超ビギナーで、インターネットで色々勉強になるサイトを探しているうちにここへたどり着きました。
(ノッティーワークショップのjunさん、のほほんさんのサイトでも勉強させて頂いてます。)
実は私はJointer(手押しカンナ)を買おうと計画中でご存じかどうか分かりませんがBusy Beeの6インチ、ヘリカルカッターの物を購入予定です。
http://busybeetools.ca/cgi-bin/picture10?NTITEM=CT200)
ちなみにグリズリーはカナダへは直接送ってくれません・・・し、電機規格の違いもあり面倒なんです。
無事?入手しましたら参考になるかどうか分かりませんが、ご報告させて頂きます。
それでは、また。

投稿: Matt | 2009.12.31 09:10

Mattさん はじめまして。
コメントありがとうございます。

日本から見ると、アメリカもカナダも一緒くたに見えるのですが、いろいろとご苦労があるのですね。Busy Beeというメーカーは初耳です。ヘリカルカッターが気になるところです。

なお、当サイトは工具フェチの偏見がかなり入っていますので、耳半分で読んで下さいませ。今後ともよろしくお願いします。

投稿: かんりにん | 2010.01.01 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/13681914

この記事へのトラックバック一覧です: Grizzlyの12インチ手押し/自動兼用機:

« 口コミとウェブログ | トップページ | 勝手に帰ってきたツールレビュー (3)ハイブリッドソー »