« 木は生きている | トップページ | 木工におけるフライス盤的アプローチ »

2006.09.29

音楽のある生活

各人の性格にもよると思いますが、普段の買い物は別にして、何か大きな買い物をする時って、多かれ少なかれ迷った上でベストと思うものを買うわけですが。
ワタシが気に入って買うものは、特に家電関係は、何故かマイナー路線から脱却できずすぐに消えていってしまう、というパターンが多いです。

ぱっと思いつくだけでも、
・アルプス マイクロドライプリンター「スキャプリ」
・京セラ データスコープ
・松下(など) PD(Phase Disk)
・ツーカーのプリケーロング
・ローソンのカスタードクリームパイ

後者2つなどは、消えたことが特に惜しまれます。

車はまだ2台目ですが、それこそコロナSF(5ドアハッチバック)からビスタアルデオと、それは目も当てられないナイスな選択です。

自分としては、必死に検討するんですけど、何故か最後の最後でマイナーな方を取ってしまうんですよね。
今振り返ってあれはセーフだったなと思えるのは、PC-6001とベーシックマスターJr.を悩んで、前者を選んだ時だけです。(←MSXをハナから検討対象外にする程度の鑑識眼はあった様子。)

au W42S TUKAから同番機種変更 充電器つき フルオプションで、今回はどう見ても、買う前からこの機種はそのパターンだろうな、と思いつつも買った、ソニーエリクソン W42S

auのケータイですが、「ウォークマン」との名前が冠されており、音楽を聞くことを意識したデザインとなっています。ネットから音楽をダウンロードするのは勿論、ワタシのようにデジタルデータに対価を払うのに抵抗がある世代でも、手持ちのCDをケータイに落とすことで楽しめます。

ネットで買うと正規ショップよりもかなり安く、1GBのメモリカードと同じくらいの値段で売っています。ご存じの通り、他機種でも今ならほぼ同様の機能があり、かつ多くの旧型機種は正規ショップでもほぼ0円な訳ですが(新規契約)、メモリを後で買わないといけないので、この値段ならトントンだな、と。  で、(ここが大事、)メモリカードなら自腹を切らないといけないけど、「ケータイ電話」ならウチの大蔵省に申請して回収できるな、と、それだけです。(苦笑)

さて、先日商品が届き、いじり始めています。

多少質感に残念と思われる部分がありますが、トータルとしてかなり所有欲を満足する仕上がりになっています。シリコンオーディオの音質については、初期の頃のMP3プレーヤのイメージしかなく、それでも良いやと思って買ったのですが、かなり音が良く隔世の感があり、正直驚きました。また、昔はCDからMP3に変換するのも一苦労で、その辺りがMP3とのつき合いを断念した主因でしたが、今のパソコンならスイスイと変換できてしまいます。(この機種のファイル形式はMP3ではないことは知っています。念のため。)

会社の往復で使い始めて、やっぱり生活の中に音楽があるのは良いなと、しみじみ感じているところです。物置工房で単純作業の時に音楽を聴ければ、と思うことがありました。あの粉塵の中にCDプレーヤではすぐに壊れそうと思っていたのですが、これに安物のアンプ付きスピーカをつないだらいけるな、と画策しているところです。  という感じに強引に木工に持ち込んで、以上です。

|

« 木は生きている | トップページ | 木工におけるフライス盤的アプローチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/12072643

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽のある生活:

« 木は生きている | トップページ | 木工におけるフライス盤的アプローチ »