« 物置工房 始動宣言 | トップページ | 物置工房 始動宣言(BlogPet) »

2005.10.03

自動カンナ不調

始動宣言したからには、木工の話題を。

久しぶりに自動カンナを使ったら、どうも送りが弱々しくスムーズに送らなくなってしまっていました。だましだましその日の製材を終えてからインフィードロールを見ると、3本、筋のように木屑がびっしりロールに貼り付いています。

そんなに大量にヤニの入った材なんて最近製材したかなあ、と思いつつ、仕方なくロール掃除を始めたところ、触った瞬間に、ああこれはりゃんめん(両面テープ)だ、と気付きました。

手押しカンナを使わない平面出しというエントリーで、方法の一つとして両面テープで細い薄板を貼って自動カンナに通す方法を紹介しました。手でやるのが面倒なときはこれが一番性にあっていると思い最近は割と多用しているのですが、これまでは芝地先生の言葉を信じて、基準面が出たら両面テープを付けたまま裏返して削っていたのです。

ほとんどの場合は両面テープは削られて木と一緒に木屑になったようですが、削り量設定がちょうどジャストの時に偶然両面テープを巻き込んだのでしょう。その証拠に何周も巻き付いているのではなくせいぜい1~2周という感じでした。

当初ヤニだと思ってアルコールを準備したのですが、紙両面テープに対しても、アルコールは結構有効のようです。粘着剤に効いているかどうかは疑問ですが、アルコールで基材の紙がふやけるので、乾かないうちに雑巾でこするとぽろぽろと落ちました。
(ゴムロールの掃除には、種類を問わずなるべく有機溶媒を使わないようにして下さい。私はアルコールは私の経験上使っていますが、もしかしたら劣化を早めているかも知れません。)

と言うことで、先日の記事を参考にされる方は、自動カンナのインフィードロールをたまに確認しましょう、と言うハナシでした。

両面テープは、木工では仮留めによく使われるのですが、はがすのに往生します。と言うわけで、おそれ多くも親指ピリピリのSimpleさんにトラックバック。消しゴムが有効とのことです。

|

« 物置工房 始動宣言 | トップページ | 物置工房 始動宣言(BlogPet) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、トラックバックありがとうございました。

両面テープについて・・・
最近とっても画期的な方法を教えてもらい、親指のまめはなくなりつつあります。

そのうち、ブログなどでアップしますので、ご期待くださいね。

では、今後とも、相互リンクにてよろしくお願いいたします。

投稿: 栗原 | 2005.10.04 08:09

栗原さん、はじめまして。コメントまで頂き光栄です。

両面テープほんとに難儀ですね。指紋がなくなる気がします。

アルコールはある程度有効と思いました。材に貼り付けた場合は、スクレーパー状の金属ヘラ(コテ?)の併用が良かったです。ただ、若干傷が付くのと、木が吸い込む分、大量のアルコールが必要で、そこが難点です。

「とっても画期的な方法」、お待ちしておりますので是非教えてください。

投稿: かんりにん | 2005.10.04 18:11

「両面テープ はがす」でググって来られた方がいたので、今更ながら・・・・。

栗原さんの「画期的な方法」は下記です。
http://wwsimple.cocolog-nifty.com/simpleblog/2006/03/post_e668.html

投稿: かんりにん | 2006.06.19 16:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動カンナ不調:

« 物置工房 始動宣言 | トップページ | 物置工房 始動宣言(BlogPet) »