« 並行輸入の功罪(4) | トップページ | PC890 解体新書 »

2005.09.07

ルーター ポーターケーブル890の修理

先日報告の通り、並行輸入で購入したルーターが故障してしまい、自力で修理しました。
せっかくなので、修理状況をレポートします。

機種:ルーター ポーターケーブル 890
症状:電源を入れてもごく低速でしか回転しない。速度調整つまみをどこに回しても同じ。

どこから手を付けるかですが、このタイプは、速度調整機構付きなので、まずそこを疑います。
892Bトップのフタを開けると、速度調整基板が露出します。中を覗くと、何か知らないICが1個と、サイリスタとおぼしき半導体が1個、乗っています。20年以上前の知識で、当時のそりっどすてーと調光機と同じような原理と推測し、ここからモーターにつながっている線を2本探し出して、テスターで出力電圧を当たりました。すると、速度調整つまみをどこに回しても15Vくらいしか発生していないようです。よってこの基板のどこかがおかしくなったと考えました。

業者に上記の推定を説明し、パーツリストを調べ、この基板を取り寄せました。
ここですったもんだすること1ヶ月強。その辺りは既に記載しました。

892C待ちに待った基盤の到着。既に一部圧着端子が付いており、適切な準備があれば半田付けはしなくて良いようになっているようです。

892F工具もないので、ホントは圧着すべきところは半田付けでつないでしまいます。元通りになるように3本の線をつなぎます。黄色い線はそのままスイッチの端子につなぎます。接続部は絶縁テープで巻いて、ケースに収めます。

892Eフタを元に戻して完成。試運転したところ、勢いよく回り出しました。

全体として、今回は簡単な修理で済みましたが、印象としては「素人がバラスことを考慮して設計してある」ように思いました。日本の家電のような曲芸的配線や部品の収納がなく、比較的楽に中身を戻すことができました。

最後にお約束ですが、作業の際は高電圧がかかっている部分もありますので、注意の上自己責任でお願いします。また、今回は小売店の好意もあり(送料含めて)無料でできましたが、「海外には保証なし」を明確に表示している店もあり、この点も注意が必要です。

|

« 並行輸入の功罪(4) | トップページ | PC890 解体新書 »

個人輸入」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

はじめまして、higaimoと申します。
チャリダーさんのリンクから辿りHPを拝見しました。
私も、ポーターケーブル890を所有していますので大変参考になる記事内容でした。
海外通販が好きでルーター2個(Porter Cable690とBosch 1617EVSPK)は、故障時自己責任の範疇の代物です。幸い、890はTOOLS.GRさんから購入していたので無償で交換して頂いたのでラッキーでしたが、Re:Woodworkingさんが色々手段を講じ又、言葉の壁を克服して修理までごぎつかれたのには感服いたしました。

投稿: higaimo | 2007.02.25 21:00

higaimoさん はじめまして。

私も木工をかじりかけた時は輸入工具バンザイ派でしたが、購入後のリスクについては、考慮に入れるべきとの考えに変わりつつあります。せっかくのコストメリットが薄くなってしまいますが、少なくとも国内の代理店を通しておくのが何かと安心だと思います。

ポーターの890はリコールもありましたが、これとて海外の業者のならばそれを理由に無償交換を断られても文句は言えない立場にいると考えた方がよいと思います。

交渉ごとは、「原則自己責任」ということを念頭に、"if possible," の精神で「お願いベース」で交渉した方が、双方気持ち良く、結果的にうまく行くんじゃないかなと思います。

投稿: かんりにん | 2007.02.25 22:54

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルーター ポーターケーブル890の修理:

« 並行輸入の功罪(4) | トップページ | PC890 解体新書 »