« 勝手にツールレビュー(9) - アリ組み治具(ダブテールマシン) | トップページ | 物置工房 - 定時報告 »

2005.07.09

並行輸入の功罪(1)

半年前に購入した米国の某有名メーカーのルーターが故障しました。と言っても、私のではなく友人のもの。

私が海外から輸入代行した(日本でも入手できるが、かなり安い。)もので、しかるべき手順を踏めば、1年間のメーカー保証が付くはず。輸入をそそのかした罪悪感もあり、日本の電圧で使う方が悪いと言われるかも知れないが、保証修理の交渉を私の方ですることにしました。

まずはメーカーのサイトの、問い合わせメールフォーム欄から問い合わせ。応答がないので数回催促をした上で、届いた返事が、
問い合わせありがとう。海外の対応は下記の会社に問い合わせしてくれないか?(一部意訳)」
とのこと。見ると住所は台湾と書いてある。

......日本の代理店に泣きついた方が早かったかなあ。

最近は設備メーカもメンテナンスを地域ごとに全面委託する例も多いしなあ、と気を取り直し、とりあえず超特急で再度英作文して、問い合わせしました。

|

« 勝手にツールレビュー(9) - アリ組み治具(ダブテールマシン) | トップページ | 物置工房 - 定時報告 »

個人輸入」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 並行輸入の功罪(1):

« 勝手にツールレビュー(9) - アリ組み治具(ダブテールマシン) | トップページ | 物置工房 - 定時報告 »