« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月に作成された記事

2005.06.27

物置工房 - 定時報告

工房の建築の方ですが、今週はあまり時間が取れず進みませんでした。

とりあえず出窓部分のコーキングと塗装。で、内装を少しやっておしまい。

家族持ちのサラリーマンの週末は忙しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.22

国際家具デザインフェア旭川2005(BlogPet)

きのうフォレストで、デザインした?
きょうは、デザインするつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「より」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.20

物置工房 - アルミサッシのガラス取り付け

出窓のアルミサッシにガラスを取り付けました。枠を持ち込んで適切なサイズにガラスを切ってもらって持ち帰り、はめ込みは自分でやりました。

せっかくですので、ホームセンターのアルミサッシのガラス交換サービスのおっちゃんが親切に教えてくれた、ガラスの交換方法を紹介します。(伝聞なので、一部ワタシの推測が入っています。)

050619A今回は新品だったので、サッシの枠をぐるりと一周する長さの「ビード」を用意します。「ビード」は写真のようにコの字型の断面をしたゴムです。「ビード」はサッシの枠にぐるりとはまってガラスを支える役割をします。

050619B「ビード」は切らずに4辺をぐるりと一周させるようにします。この際、上の辺からスタートするようにします。下に継ぎ目があるとそこから水漏れします。四隅は前もって写真のように「皮一枚」残して切れ目を入れておき、スムースに曲がるようにします。(写真はガラスにはめた状態。)

050619C「ビード」をガラスにはめます。

050619Dサッシはバラバラにしなくても、写真のように2カ所のネジのみ外せばガラスをはめることが可能です。ネジを無くさないように。(→ワタシ)

050619Eきれいに収めたら、元通りにネジを締めます。 で完成。

大きな窓は怖いかも知れませんが、自宅の窓でも、小さな窓ならガラスさえキチンと切ってもらえば簡単にできそうです。ガラスを注文する際は、私のように現物を持ち込むか、サッシの内法を測っていって相談すれば良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.18

物置工房 - 出窓取り付け

050618A先週から底抜けだった出窓ですが、底をふさいでサッシを取り付けました。ネットオークションで1000円で落札したアルミサッシです。キッチンの吊戸棚の下か何かに付けるようなタイプのサッシで、出窓にするにはかなり不格好ですが、何より安く上がったので良しとします。あまり開口部が大きいのも防音上好ましくないですし、この出窓自体、実を言えば、少しでも中を広くしようと言う目論見のものですので。

050618B内側から見たところです。歪んで見えるのはカメラのせいです(きっぱり)。出窓部分は、40cm近い奥行きがとれますので、ここに50cm幅くらいの天板を渡して「出窓作業台」にする予定。長い材の取り回しに困ったら、窓からにょきっと出せるようにします。

取り付けてみると、家のリビングの掃出し窓に面しているこの窓は、家の中の雰囲気を察することができ、木工に熱中するあまりに家族から白い目で見られるなんてことを防ぐのに役立ってくれそうです。

ガラスがまだ入っていないので、明日まで降らないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.14

スピード木工(6) - ダボ接ぎ その2

最近、まとまった記事が書けていないことを反省しています。

何か、体がもたないんですよね~。 夜更かしができず、夜中木工もあまり進んでいません。

さて、スピード木工については、ダボ接ぎの途中だったと思います。
今回は「センターポイント」以外のダボ接ぎ治具について紹介したいと思います。

(1) BOSCH ダボ穴ガイド

ダボ穴ガイド ....一見しても、どのように使うのか、よく分からないと思います。ホームセンターの片隅で、さも売れ残ったようにボロボロの箱で1個だけ実物を見たことがありますので、記憶の限り説明します。

本体はいわば「フェンス付きドリルガイド」です。
穴を垂直に開けるためのガイド機構と、ある辺から一定の距離で開けられるように可動式フェンスが付いています。例として板を矧ぐ場合は、ガイドを板に当てて厚み方向で板の中央に穴が開くようにフェンスを調整し、横方向の位置だけ墨付けしておいて、墨に合わせてガイドをセットして穴を開けていく、と言う使い方になります。

非常にコンパクトな治具です。 フトコロが狭いボール盤では届かないようなところに正確に垂直に穴をあけたいことが良くあり、ラジアルボール盤とか、大げさなドリルガイドなどがありますが、この商品を単なるドリルガイドとみなして、便利に使っておられる方もおられるようです。

(2) Veritas Cabinetmaking System

05J0601S1Veritasのダボ治具は、何種類かの商品ラインアップがありますが、基本は同じで、目的によりパーツを組み合わせてセット販売されている形になっており、非常にシステマチックです。
「板矧ぎセット」オフコーポレーション社でも売られていますが、いわば基本セットです、この治具のフルセットがCabinetmaking System

セットが何種類かあり、最上級セットであれば板矧ぎ、直角ダボ接ぎ、可動棚板のダボ穴あけ、といろいろなことが出来ます。とにかく32mm間隔でダボ穴を開けて、接合でも棚板設置でも何でもやってしまおうという思想です。「中くらいの技術を持った人であれば、このシステムを用いて、電動ドリル、テーブルソー、クランプ少々、あとは基本的な手道具のみで、食器棚、ワードローブ、エンタテイメントセンター、本棚などのいろいろな作品が作れます。」との宣伝文句です。

自作治具でも良いですが、この手の作品は、あれこれ考えずに手順は標準化してしまうのが早道なワケで、耐久性を考えると思い切って買うのも良いと思います。

(3) その他ダボ接ぎ治具

ノーブランド品やオリジナルブランド品(東南アジア製?)を含めると、この種の治具は山ほど見られますが、大雑把に言えば下記の通りと思います。

25k6401s2→板矧ぎ用にということでよく見られるタイプで、センターバイスの要領で必ず板の厚み方向の真ん中(もしくは決まった位置)に空けることを主眼とするタイプ。写真はVeritas。

t_1983→横方向の位置合わせを目的として、両方の板をいっぺんにクランプして、数個のドリルガイド穴から穴開けするタイプ。写真はオフコーポレーション社のもので、直角に接合することも可能。

ドリルガイド用の金属製のカラーのみが売っていれば自分で耐久性の高い治具を作れます。海外では見かけることがありますが、国内ではあまり見当たりません。

枚挙にいとまがありませんが、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.13

今日の研ぎを淡々と記録するよ

カンナ    : いろいろ 6

所要時間: 40分

早くなってるのは、うまくなっているのか手を抜いているのか。(多分後者。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.12

物置工房 - 出窓リフォーム

完成前なのに、いきなりリフォーム(改造)しています。

050612A劇的!ビフォー何とか!みたいですが、突然、壁をくりぬきました。

以前から少しずつ用意してあった部材を取り付けて、出窓をつけました。
050612C
って、窓はまだ付いてないし、塗装もしてないんですが。
塗装してある部分は、くりぬいた壁の再利用です。

050612D おまけに底もふさがってないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の研ぎを淡々と記録するよ

ノミ    : いろいろ 10

所要時間: 40分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.08

木工入門書の復活?

以前の記事で、絶版となっていた「たくみ塾の木工の基本」と言う本に触れ、「工具の仕込みに多くのページが割かれており、絶版が残念」と書きました。先ほどふと右端のamazonの広告で「木工の基本を学ぶ―新手づくり木工事典という本が発売されているのを見つけました。

表紙を見る限り、ほぼ大部分が前著の復刻であると思います。もしそうなら喜ばしいことと思います。

少なくとも、前著の内容は現在でもなお、非常に価値を持つものと思っていますので、興味のあった方はドゾー。

追記
再考の上、一部削除しました。
それから、「新手づくり木工辞典」自体が、2004年10月の第2号以後出てませんが、こちらはどうなっているんでしょうか。

あと、今日のGoogleはフランクロイドライトらしいです。どうでも良いですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

国際家具デザインフェア旭川2005

恒例の「国際家具デザインフェア旭川」が開催されます。

国際家具デザインコンペティション入賞入選作品展示が6月15日(水)~19日(日)。
旭川家具の新作家具展示が6月18日(土)~19日(日)。 (一般公開)
その他、バウハウス、旭川クラフトなど。

スケジュール詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョージ・ナカシマ

Pen6-15
6/15号の"pen"は、ジョージ・ナカシマ特集です。
阪急コミュニケーションズ, no.154, 2005。

<参考>
桜製作所: http://www.k-sakura.jp/index.html
本人による著書: 木のこころ―木匠回想記
ネット通販でポチッと買えてしまうこのご時世: 楽天でジョージ・ナカシマを購入

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.06.01

物置工房 - 内装と窓取り付け(BlogPet)

きょうフォレストの、blogしたかも。
フォレストでblogした?
フォレストは床blogする?
フォレストと床にblogしたの?
きょうは床blogするはずだったの。
フォレストの窓blogしたかったみたい。


*このエントリは、BlogPetの「より」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »