« スピード木工(1) - ビスケットジョイント | トップページ | This week's woodworking tip »

2005.03.28

勝手にツールレビュー(8) - ビスケットジョイナー

先日スピード木工で紹介したビスケットジョイントですが、日本で購入できるビスケットジョイナーについて、例によって少ない情報で勝手に偏見でツールレビューを書いてみます。この種の機械で本当の意味でスピードを追求するには、やはりそれなりの「精度」が必要と思いますので、その辺りに着目してまとめました。

(1)バーモントアメリカン ~1万円

最も安価にビスケットの便利さを実感する方法は、バーモントアメリカン社の、トリマーやルーターに専用の治具と刃物を取り付けてビスケットジョインター代わりにするという製品。以前は入手経路が限られていましたが、最近はネットやホームセンターでよく見かけます。

ビスケットというスピード木工目的のグッズの割にはセッティング(付け外し)が面倒です。でも、よく考えたら安物のトリマーを1台買って専用機にしてしまうという手があり、それでもホントの専用機より安く上がるかもしれません。角度は調整できません。

(2)マキタ 3901 ~4万円

マキタ 3901
国産ではマキタのものがよく見られ、ほぼ唯一の選択といえるかも知れません。
評判は概ね良いようですが、いろいろ教えて頂いているたけさんから、フェンスの平行度にガタがあるとの評があります。フェンスの操作自体はやりやすいとの海外での評判です。

(3)PorterCable 557 4万円前後

私は、検討の結果これを購入しました。国内ではいずれも高価ですが、個人輸入だと4種のミックスビスケット付きでざっと3万円くらいです。

以前の記事に詳細を記しました。フェンスはフェンス部は2本の丸棒のレールに沿って動く構造で、かつてっぺんのネジをマイクロアジャスターのようにくりくりと回して移動するタイプになっています。そのため、この機種ではフェンスは使用中ずれたり歪んだりすることもなく、使用中は全面的に信頼して作業できるレベルにあると思います(まだあまり使用回数が少ないので断言はできませんが...)。集塵機なしでは1回集塵口が詰まりました。

(4)Dewalt DW682 ~3万円

タマクラフトが推薦していることから、持っている方も結構多いのではないかと推測されるこの機種。実際にタマクラフトから購入された人を知っていますが、何故か知らないがフェンスがネジをいくら締めても作業中にずれてくる、と仰っていました。上のマキタも然りですが、この種の不具合は個体差やマイナーチェンジなどがあるので何とも言えませんが....。

(5)KERV ビスケットジョイナー  3万円

オフコーポレーションからオリジナルブランドで売られています。小さい写真から判断するにFreudのJS102あたりとよく似ていますが、他に情報がないのでよく分かりません。

(6)Lamello

ビスケットを語る際にラメロは抜きにできませんが、いかんせん高価すぎて手が出ません。
でももの凄く精度は良いとのことで、オークションではかなりの中古品でも結構な値段で流通しています。何でも、「ラメロの純正ビスケット」というのもあって、それも1枚1枚もの凄く精度が良いとかいう噂。

(7)トリトン ビスケットジョイナー

ユニークな製品で知られるトリトンのビスケットジョイナーは、これもユニークで、トリトン社のルーターテーブルに取り付けるアタッチメントとでも称すべきものです。ビデオを見なければどんな風に動作するのか原理がよく分からないでしょう。あえて表現すれば「現物合わせを地で行く機構」という印象です。テーブル使用前提なので、大物や組んでいる途中の状態では使用しにくいでしょう。

まとめ

さて、私の偏見ベストバイですが、いろいろな評判を見て、今回は私はポーターケーブルを選択し、今のところそれは値段相応であり間違ってはなかったと思っています。

但し日本ではビスケットジョインターは高価すぎると思います。米国では最近$59のビスケットジョインターが出たようです(残念ながら米国内のみ対応)。日本では接ぎ矧ぎは手仕事できっちりとやることが良しとされる風土の中、ビスケットジョイントがあまり普及しないせいかもしれません。でも、こんな便利なもの、もう少し値段もこなれて一般的になってしかるべきものと思います。

|

« スピード木工(1) - ビスケットジョイント | トップページ | This week's woodworking tip »

「ツールレビュー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私はコードレスのDewaltビスケットジョイナーを使っています。
フェンスにトラブルはありませんが、充電池が早くも寿命で、フル充電しても1週間後には自然放電しています。
使用頻度が少ないのが、かえって充電池には負担なのかな?
10年前に買った安物コードレスドライバーはまだまだ現役なのに。
国内通販バーゲンで買ったせいでしょうか?(19,800円)

投稿: pongoo | 2005.03.30 00:08

pongooさん

情報ありがとうございます。
フェンスは問題ないんですね。やはり個体差なのでしょうか。
こうやってコメントで情報を補完してもらえるのはウェブログの利点ですね。

電池が持たないのはストレスですね。バッテリー式のって、ちょうど人間の方の調子が出てきた時に限って、電池が切れるんですよね。

投稿: かんりにん | 2005.03.30 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/3466536

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手にツールレビュー(8) - ビスケットジョイナー:

« スピード木工(1) - ビスケットジョイント | トップページ | This week's woodworking tip »