« 番組の途中ですがおぼんです(3) | トップページ | 今日も夜中に涙.... »

2004.11.03

超簡単ボール盤拡張テーブル

前回お約束した、ボール盤の拡張テーブルを紹介します。ただ単にテーブルを拡張するだけなのですが、だまされたと思って作ってみて下さい。便利さと安定感に驚かれると思います。

凝ればいくらでも凝ることができますが、まずはテーブルを拡張することが第一目的。で、フェンスが付けられればさらに便利。さらに集塵機構がつけば最高です。ワタシは治具類はあまり凝りたくない主義なので、またもや「超簡単バージョン」で作りました。

完成図: 041103C

テーブル本体は、12mm厚のMDF。もっと厚い方が良いのでしょうが、重たくなるのと近所のホームセンターで入手しづらかったのでこれで我慢。その代わり、ホームセンターで得意の「南洋材」の角材を買ってきて、裏の端に2本接着+ビス止めして補強します。奥の方はテーブルやテーブルの腕(支柱?)と干渉するので、バンドソーで切り欠きました。

裏から見たところ:041103A

ボール盤との固定ですが、ボール盤のテーブルにあいている長穴にボルトで止めるのが最も簡単です。テーブル面にボルトの頭より大きな穴を開け、その下にテーブルと同じくらいの大きさのMDF材を貼り付け、固定ボルトの径の穴を開けます。これで固定ボルトの頭がテーブル面から出っ張るのを防ぎます。穴を段加工(座ぐり加工)すれば良いのですが、板も薄いので補強の目的を兼ねて、2枚貼り合わせにしました。

041103B

テーブル面の大きさは好きずきですが、ワタシは幅30×長さ75cmで作りました。作業場のスペースと作りたいものの加減で決めて下さい。但し幅(奥行き?)方向はあまり大きくしても邪魔なだけであまり利便性は変わらないと思います。

以上で完成。
フェンスはちょうど良いサイズのアルミ引抜き材があったのでこれを使っていますが、得意の南洋材でも何でも良いです。長穴を掘って、可動フェンスを付けられようにすると良いのでしょうが、ワタシは面倒くさいのでヤメにして、フェンスはクランプで固定することにします。さらにフェンスにストップブロックを適当なクランプでクランプすると、「端から何mmと決まった位置に何個も穴を開ける」というような場合に効率と精度が上がります。

手前に小穴を2列ずらずらと開けているのは、トグルクランプ(完成図ご参照)を取り付けられるようにしているためですが、強力すぎてフェンスがずれたり、たわんだりします。上から押さえるタイプの方がましだったかも知れません。

こんなところで以上です。

|

« 番組の途中ですがおぼんです(3) | トップページ | 今日も夜中に涙.... »

「TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/1857605

この記事へのトラックバック一覧です: 超簡単ボール盤拡張テーブル:

« 番組の途中ですがおぼんです(3) | トップページ | 今日も夜中に涙.... »