« 据置き機械の導入(5) - 自動カンナ | トップページ | 勝手にツールレビュー(5) - 自動カンナ »

2004.07.25

木工旋盤WT-300のベルト交換

この木工旋盤は、誘導モータのベルト駆動式で空転時は比較的静かです。しかし、ベルト周期でぐわんぐわん...と騒音と振動があり気になっていました。

付属のベルトがいかにもくせ者です。もちろん中国製で、それは別に良いのですが、何故か2カ所もつないだ痕があり、しかもそのうち1カ所が2回つないだ形跡があります。(下写真)
040725A
....現物合わせで1本1本微調整してくれているのでしょうか?まさか。

接合箇所も周りに比べてごわごわしており、ベルト全体としても真っ直ぐでなく、回転中蛇行している感じがあります。ついては、ベルトを替えれば騒音・振動も少し良くなるのでは、と思い、交換をしてみました。

近くのホームセンターで合うものを探しました。購入したのはバンドーのVベルトで、「M-29」というサイズです(多分「M-29」と言えば各社共通サイズと思います。)値段は500円くらい。
040725B

付属のものに比べ、材質はかなりしなやかな感じで、接合部分はスムーズでもちろん1カ所です。

早速付け替えてましたが、これでピッタリです。
騒音・振動の方は、気分的にはかなり改善されました(特に振動の方)が、皆無にはなりませんでした。
ベルト起因じゃなかったのかな...。

|

« 据置き機械の導入(5) - 自動カンナ | トップページ | 勝手にツールレビュー(5) - 自動カンナ »

旋盤奮闘記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木工旋盤WT-300のベルト交換:

« 据置き機械の導入(5) - 自動カンナ | トップページ | 勝手にツールレビュー(5) - 自動カンナ »