« 据置き機械の導入(1) - 序論 | トップページ | 据置き機械の導入(2) - 木工3種の神器? »

2004.05.28

紙ヤスリの科学(?)

据え置き機械が云々とか前回言っておきながら、いきなり寄り道をします。

最初に揃える道具(6)で、紙ヤスリについて言及し、私が標準的に使用している番手について、記載しました。

紙ヤスリは粗いのからかけていくのはもちろん基本ですが、じゃあ何番から初めて何番ずつ上げていくのかと言われると、その順番(間隔)は、周りの人に聞いても、結構まちまちなんですね。

私の基本は、 (必要があれば#120)→#180→#240→#320 です。

これは私の全くの経験から得たもので根拠はありません。でも、そこそこ真面目にやっていれば、この順序でそんなに間違いないと思っていました。

さて、たまに拝見させて頂いている、プロの受注家具工房temperさんのブログ「木工こぼれ話」に、

>荒いのからかけていくのですが、目安は大体「倍」の番手に移していくことです。

とあり、感心させられてしまいました。私に比べて、何と理にかなっているのでしょう!
(っていうか、プロと比べちゃダメですよね。)

紙ヤスリの番手は、台紙に貼り付ける砂(砥粒)の大きさを表しており、JIS規格という規格に決められています。一般には「番手」は、砂(砥粒)を分けるときに使う「ふるい」の目の大きさ(1インチあたりの網の目の数)であるという説が流布しています。それと整合するかどうかはよく分かりませんが、何が「根拠」か、と言われれば、この規格が根拠と言うことになります。

この規格の表で、「平均粒子径」で見ると、「倍々ゲーム」の正当性がわかります。
   粒度  平均粒子径
   #240  88~74μm
   #400  44~37
   #800  22~18

「ふるい」の説からも想像できるように、番手が倍になると、平均粒子径が半分になっていきます。

ヤスリがけというのは、大きな凸凹を平らに削りつつ、かつ(番手に応じた)小さな傷をそこら中に付けまくっていく、という工程と理解できます。 ここで簡単に考えて、ある番手の紙ヤスリで削ると、平均粒子径の半分の大きさの凸凹が並んだ面ができる、とイメージします。すると、上記の倍々ゲームは、ある高さの凸凹をその半分の高さの凸凹にならし、さらにその半分の高さに.....という手順であると言うことになります。

しかし、経験的には、完全な「倍々ゲーム」では、ちょっと粗すぎて、かなり注意深く進めていかないと、最終段階で周りがつるつるになった分、逆に傷が浮かび出て泣きを見たりします。私の手順は、「倍々」より少し念がいっています。でも一つ一つの段階で根気よくやるよりも、このくらいが私の性格にあっていたのだと思います。

|

« 据置き機械の導入(1) - 序論 | トップページ | 据置き機械の導入(2) - 木工3種の神器? »

「TIPS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41961/912843

この記事へのトラックバック一覧です: 紙ヤスリの科学(?):

« 据置き機械の導入(1) - 序論 | トップページ | 据置き機械の導入(2) - 木工3種の神器? »