トップページ | 2004年3月 »

2004年2月に作成された記事

2004.02.25

最初に揃える道具(3) - トリマー

トリマーおよびルータは、木工入門者が簡単木工から1ランクアップするための、恐らく最も近い近道ではないかと思います。日本でも一部の先達の努力によりアマチュアにも急速に普及してきましたが、まだまだ「何に使う道具?」と思う方も多いかも知れません。欧米ではDIYレベルで一般的な工具であり、機械と治具を駆使するアメリカ流アマチュア木工の象徴のような感さえあります。

トリマー及びルーターは、先端にビットを付けた軸が高速回転し、材を削る機械です。ドリルに似ていますが穴だけではなく、削りながら本体を手で横に動かしていって直線や曲線を削ります。高速回転のため、切削面は非常に綺麗です。ビットの形状がいろいろな種類があり、その形状を材に転写していくこともできます。可能な仕事は、その名の通り(1)縁を削るあるいは縁飾りをする、(2)溝を掘ることが基本動作です。

トリマーとルーターはほぼ同じですが、サイズの小さいものをトリマー、大きいものをルーターと呼んでいます。いずれも得意な作業の方の名前が付いているわけですが、どちらか一方を購入することで、両方の作業をすることはかなりの程度まで可能です。

トリマー及びルーターの有用性と使い方については、「木工が200%楽しくなるルーター&トリマー使いこなしマニュアル」(立風書房、2001)
をご覧下さい。作例や治具の作り方も沢山載っており、1冊目としてお勧めです。

種類は、ルーターについては、大きく分けて「固定ベース」と、「プランジベース」のものがあります。プランジベースだと、ベースと本体の間にバネが入っており、削り始めと削り終わり時にビットを前後することができ、途中から溝を掘り途中で終わるという加工ができます。(固定ベースでも、慣れれば可能ですが。)「Dハンドルタイプ」というのもありますが、固定ベースの仲間で(どちらが元祖かは知りませんが...。)、私見ですが家具製作で使っている方は少ないと思います。トリマーは構造的にはほぼ1種類で、筒状の本体に透明プラスチック製のベースをはめた固定ベースに類似の構造です。

結構高いモノなので、最初に何を買うべきか迷うと思います。
前にも述べましたが、使ってみないと今ひとつピンと来ない道具なので、もしあなたが全くのトリマー・ルーター初心者であれば、1台目は、大きなルーターではなくトリマーの、しかも一番安いのを買ってみたらどうでしょうか、というのが私の提案です。最も安いものは電動ドリルとそう大差ない値段で売られています(お近くになければ、インターネット通販でよく見られます。)

手持ちで使うことになれたら、ルーターテーブルならぬ「トリマーテーブル」使うことで加工の幅が広がります。日本ではあまり市販品は見かけませんが、自分で簡単に作ったもので十分役に立ちます(後日紹介します)。

次回に(多分)続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.21

ドリルドライバーの「簡単な工夫」

今回は少し横道にそれて、前回予告通り電動ドリルドライバーの「簡単な工夫」について紹介します。

皆さんもドリルドライバーが3本くらいあったらな~と思ったことはあると思います。作業により往々にして、頻繁にドリルドライバーの先を付け替える必要があります。前回述べた理由で私は従来式チャックのものを好んで使っているわけですが、数本のドリルとドライバビットをいちいち付け替えてやっていると、やはりそれはそれでイライラします。

そこで私の「簡単な工夫」です。

実はホントに簡単で申し訳ないのですが、ホームセンターに写真のような先端アダプター(例:グリーンクロス「ビットチャック」市価1000円前後)が売っていますのでそれを購入し、ドリルのチャックに取り付けます。
kufu1.jpg

写真を見て頂ければ一目瞭然と思いますが、説明を続けます。

このアダプターは、軸(根元)が六角形断面のビットを先にくわえることのできるチャックです。写真の筒状の部分をガスコンロの「カチット」のように押し下げるだけでワンタッチで「シャキ~ン」とビットが交換できます。キーレスチャックとは構造が全く異なり、緩むことはありません。

このチャックはインパクトやエア工具によく見られますが、電動ドリルドライバーに付いている例は見たことがありません。六角形軸の先端工具はホームセンターで山ほど売っており選択に困ることはありません。(というよりもバラ売りのものはほぼ主流です。)六角軸は従来式もしくはキーレスチャックでも、勿論問題なくチャックできます。

私は愛用のドリルドライバーにこれを付けることで、特に木ねじ+ダボ埋め作業が非常にテンポ良くこなせるようになりました。作業にテンポというのは結構重要です。

最初はこのアダプターは何のために使うのか?と価値が全く分かりませんでしたが、今ではほぼ付けっぱなし状態で愛用しています。但し、精度はあまり良くありません。明らかに先端が振れているのがわかります。ただ手持ちドリルでは元来限界がありますので、必要なときにはアダプターをはずすかボール盤でやります。

このアダプターは長いモノで30~50cmくらいのものがあり(例:トップマン「ハイロングビット」市価110mm=1000円前後、330mm、550mm=1300~1500円前後)、狭いところのネジ止めに重宝します。90度曲がったものや、フレキシブルなものなどもありますが、これらは試す機会があればご紹介します。

その他、同じ目的で、下穴と皿取りが一体化したドリルビットや、ドリルとドライバのどちらかが鞘状になっておりその鞘を付け外しすることでワンタッチで交換できるモノなどもあります。前者などは便利そうです。
いずれのタイプも、欧米の方が、気の利いた商品が種類も豊富に見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.19

最初に揃える道具(2) - 電動ドリルドライバー

「最初に揃える道具」の各論として、まず最も一般に普及している(と勝手に推測している)ドリルドライバーを取り上げます。
ドライバーは電動を1回使うとやめられなくなります。組立て式のカラーボックスを、手回しドライバー1本で作って手に豆を作られた経験のある方も多いと思います。

電動ドライバーを購入する際の選択のポイントを、私見ですが重要な順番に書くと下記の通りです。
(1)トルク調整ができる
(2)正転逆転ができる
(3)速度調整ができる
(4)キーレスチャック
(5)充電式か、AC(コンセントにつないで使う)か、
(6)パワー

(1)、(2)ドライバーとして使う際に必須であり、現在ほぼほとんどの機種についています。

(3)の速度調整はあると非常に助かります。穴開けやネジ締めで最初にじりじりっとやりたい時がありますね。引き金の引き具合で調整できるタイプが使いやすいです。

(4)については、キーレス必須という意見は多いですが、私はあまり良い印象を持っていません。私がやると何故か力一杯チャックを締めてもすぐ緩んでくるのです。そこで、私は従来のチャックのものを「簡単な工夫」をして使っています。(これについては次回に紹介します。)

(5)は重要ですが、賛否両論ありそうなので「選択肢」とし、順序は下の方にしました。
充電式は現在の主流ですが、そこそこのもの(概ね12Vクラス以上)は高価です。加えて電池切れの心配をするのが結構うっとうしいものです。それで、私はACタイプを好んで使っています。

ACタイプであれば、安い機種でも十分なパワーがあり充電式より軽量です。私の愛用のリョービ FDD-1000というタイプもとても安価ですが、これを熱烈に支持するサイトがあったりもします(メルマガ 「VIC's D.I.Y.1歩進んだ日曜大工」 の中の03/12/26号や04/01/30号、およびこの作者のサイト参照)。私も同サイトの作者と同感であり、特に値段面から私もお勧めします。ただ一点、速度調整がないのが残念です。

FDD-1000.jpg

※どなたか、ACタイプでトルク調整と正逆回転付きで、「従来式チャック」の「速度調整」ができるドリルドライバーがあれば教えてください!

(6)のパワーについては、そこそこであれば木工には十分ではないかと思います。綺麗に作品を仕上げるには必ず下穴を開けた方が良く、下穴を開ける分にはねじ込みにもさほどパワーは必要ありません。

最後に、インパクトドライバーですが、これは1回使うとそのパワーに感動し無性に欲しくなります。が、木工にはパワーがありすぎ不要ではないかと思います。
(「内装」や「造作家具」、ウッドデッキなどの大物を除く。)インパクトの代わりに卓上ボール盤の購入を検討しましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004.02.18

目次

Ⅰ.工具概説
     1.最初に買いそろえる道具
     2.据え置き機械の導入
     3.あると便利な機械・工具
Ⅱ.ツールレビュー、使用レポート
Ⅲ.木工TIPS
Ⅳ.テーマ別木工
     1.静かな木工
     2.スピード木工
     3.木工と安全

Ⅴ.作品集
Ⅵ.木工関連 BOOKS
Ⅶ.金物関連
Ⅷ.リアルタイム「旋盤奮闘記」       →記事を読む
     (特集)キャッチに関する考察(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)
Ⅹ.物置工房を建てる
木工雑感  個人的に思ったりしたあれこれ。   →記事を読む
単発おまけ記事
個人的な統計  個人的な作業記録など。    →記事を読む

掲示板 (コメントをどうぞ)

このサイトについて   →記事を読む

| | トラックバック (0)

Ⅰ-1.最初に買いそろえる道具

序論 (序にかえて)
電動ドリルドライバー※1
トリマー
丸ノコ
ジグソー
手工具
測定具
クランプ
作業台(折り畳み式の研究)
電動工具入門講座(リンク)

(※1印は、改訂(アップデート)版)

→「Ⅰ.工具概説」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅰ-2.据え置き機械の導入

序論(1)
序論(2):木工3種の神器?
バンドソー(1)(2)
自動カンナ
手押しカンナ
テーブルソー
ボール盤
ハイブリッドソー


→「Ⅰ.工具概説」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅰ-3.あると便利な機械・工具

角ノミ盤
集塵機
サンダーその1(序論)、 その2(平面の研磨)、 その3(凸面、凹面の研磨)
スライド丸ノコ その1, その2
オーバーヘッドルーター、フライス盤 その1、 その2
洋カンナの分類


→「Ⅰ.工具概説」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅱ.ツールレビュー、使用レポート

【ツールレビュー】
国内外の工具をいろいろ紹介・レビューするツールレビューは、2004年から2005年でいったん一区切りついたことにして、2006年5月から少しずつ「アップデート」を実施しています。

(2006~)

トリマー (2006.5)
ルーター その1、 その2 (2006.8)
趣味のフライス盤
オーバーヘッドルーター
手押し/自動兼用機 (2007.01)
ハイブリッドソー (1)(2) (2007.02)
(新ジャンル) 深切り/厚切り丸ノコとは (2007.09)
ベスト・ニュー・ツールズ2007(Popular Woodworking)(紹介) (2007.11)
ルーレムフリップ、メタボ TKHS315、ピーウッド PWT-C1
14インチバンドソー 人気ベスト10(紹介) (2008.12)


旧記事 (2004~2005)
ルーター・トリマー
丸ノコ
バンドソー
木工旋盤
自動カンナ
手押しカンナ
テーブルソー
ビスケットジョイナー
ダブテール治具
角ノミ盤
集塵機その1その2
スライド丸ノコ
プロクソンでミニチュア木工房
省スペースなJETのコントラクターズソー


【個別記事】
特定の機種を取り上げて紹介した記事たち。
「使用レポート」は、ワタシ自身が触ったもののレポートです。(変なモノを含む。)

バンドソー Grizzly G0555使用レポート
ポーターケーブルビスケットジョイナー557使用レポート
IRWINパイプクランプ使用レポート
Record 木工バイス使用レポート
充電式ドリルドライバー B&D CD231使用レポート
ゴミ箱サイクロンリッド 使用レポートその1その2
豆際と豆スコヤ
Boschトリマー PMR500(速報)
ワークセンターコンパクト(速報)
(平鉋)萬太郎 使用レポート
Multico 角ノミ盤 PM12 使用レポート、 その2(小林式角ノミ)
山真(ヤマシン) マルノコ用レーザーチョーク 使用レポート
エアーコンプレッサ エアテック CP-1500 使用レポート
レクソンテーブルソーBTS-10S 使用レポート
(番外) ウォークマン携帯 ソニーエリクソン W42S 使用レポート
まるは石鹸 ソープフィニッシュキット
ウルフクラフト社「ホゾ切りセット」(ダブテール治具)
(番外)BT3100の弟分 BTS15
Rockler EZ-Mark
JETのそっくりさん旋盤 Chie Chuen@amazon
Black & Decker 電動オートクランプ
Spoke Shaveブランド
Eurekazone EZ スマートガイド 使用レポート(1)(2)(3)(4)(5)
BOSCH割刃付きベンチトップソー4100(紹介)
Leigh Super Jig(紹介)
FESTOOLドミノ(リンクのみ)
Grizzly 割刃付きテーブルソー G0661(紹介)
Grizzly オーバーヘッドルーター G0587(紹介)
MIRAIの治具(紹介)
Woodtek ハイブリッドソー 148-271(紹介)
Rockler 壁掛け集塵機(紹介)
"Final Cut"(サンディングディスク付き丸ノコ刃)(紹介)
Rockler: Dust Right Master System(紹介)
Veritas Bech Pup / Wonder Pup(円筒型ベンチドグ)使用レポート
Veritas Side Rabbet Plane(紹介)
マキタ厚切り丸ノコ5731 使用レポート
ベッセイ K-Body REVO(紹介)
アネスト岩田 静音コンプレッサ FX2052 使用レポート
パワーソニック エアフィニッシュネイラー 使用レポート
Bridge City Tool Works "Jointmaker Pro"(紹介)
Veritas 新型 Block Plane (紹介)
GrizzlyテーブルソーG0661 購入記+使用レポート
  (1)搬入
  (2)組み立て
  (3)割刃システム
  (4)フェンスとマイター
  (5)試し切り


「Ⅱ.ツールレビュー、使用レポート」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅲ.木工TIPS

ドリルドライバーのビット交換
超簡単ルーターテーブルの製作
バンドソーで丸ホゾを切る方法
紙ヤスリの番手の選択
便利な先端工具(1)
手押しカンナを使わない平面出し
超簡単ボール盤拡張テーブル
丸棒削り治具
ゴミバケツルーターテーブル
ボンド用へら
ルーターで丸ホゾ
椅子の座編み
バンドソーでクロスカット(試作機)
壁掛けカンナ置き場
自動カンナのゼロ点調整
木口削り治具
YouTubeの木工旋盤動画
オービタルサンダーのペーパーずれ防止
旋盤お手軽吸塵アタッチメントその改良版
紙ねんどで集塵効率アップ
大きい穴開け
バリのない貫通穴開け
カンナの下端調整 (1)(2)(3)
狭い工房の有効活用
抽斗付きのキャビネット
カンナ刃の安全な裏打ち


(番外)かるかるブリック

「Ⅲ.木工TIPS」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅳ-1.静かな木工

序論
静かに切る
静かにホゾ穴
静かにホゾ切り
静かに研磨
静かに段欠き
静かに基準面出し
静かに縁取り
騒音の数値化
電動工具の騒音 一般論
安価な騒音計

騒音計実測データ アーカイブ
 2008/8
 2008/10


「Ⅳ.テーマ別木工」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅳ-2.スピード木工

序論
ビスケットジョイント
ポケットホール
ルーズテノン
Miller Dowel
ダボ接ぎ その1その2
スピード木工ツールズ2008(リンク)


「Ⅳ.テーマ別木工」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅳ-3.安全な木工

危険な機械ワーストテン
割刃 法制化の動き
粉塵爆発(動画)
Saw Stop デモ(動画)
キックバックと割刃の原理(動画)
割刃(riving knife)の今後の動向

「Ⅳ.テーマ別木工」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ⅴ.作品集

こども椅子 第1作
学習机 第1作
骨太シェーカー椅子 作成過程完成
キーホルダー、携帯靴べら
トールペイント木地
シェーカー椅子(スリッパーチェア) 作成過程その1その2完成
お盆(習作) その1その2その3
切り出し
学習机 第2作
鉛筆罫引き(洋風)
こども椅子 第2作
大量生産
整理棚
本棚(こども作品)
スピードコントローラ
燭台
カエル・ボックス
ポテチ鉢
Workbench with Gimmicks
トイレ収納棚


「Ⅴ.作品集」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅵ.木工関連BOOKS

Band Saw Handbook
WOODY LIFE 週末工房、 新手づくり木工事典
Tage Frid Teaches Woodworkingその2、 その3(スペシャル版)
たくみ塾の木工の基本
The New Router Handbook
Turning Wood with Richard Raffan
週末工房 no.2
週末工房 no.3
原色インテリア木材ブック
Practical Design Solutions and Strategies
シンプルな棚づくり、 2×材でつくる木のインテリア
木工の基本を学ぶ
家具修理がわかる本
The Small Wood Shop
The Complete Manual of Woodworking
木工技術シリーズ(1) 木工の基本
はじめての家具作り
コンフォルト 広葉樹特集
早川謙之輔 木工のはなし木工の世界
週末工房 no.4
週末工房 no.5
オークビレッジの一生ものの木組みの家具
週末工房 no.8


「Ⅵ.木工関連BOOKS」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅶ.金物関連

テーブル用ノックダウン金具
キーホルダー用金具

「Ⅶ.金物関連」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

Ⅹ.物置工房を建てる

2005年のゴールデンウィークから、庭に木製ガレージキットを活用した工房を作りました。その時の日記です。
まだ完成したつもりはないのですが、既に「入居」し始めています(笑)ので、これからもたまに追加があるかも(笑)。

2005.04.29 キットの購入、整地
2005.04.30 基礎、床貼り
2005.05.01 壁パネル
2005.05.04 壁パネル組立て、屋根工事(ルーフィング貼りまで)
2005.05.05 水切、屋根(アスファルトシングル)葺き、ドア取り付け
2005.05.09 コーキング、塗装など(1)
2005.05.23 コーキング、塗装など(2)
2005.05.30 内装とオプション小窓
2005.06.12 出窓
2005.06.20 アルミサッシのガラス取り付け
2005.06.27 出窓部分のコーキングと塗装
2005.07.10 内装
2005.07.18 玄関ひさし
2005.08.13 (本)小さな工房の作り方
2005.08.22 壁の防音
2005.09.04 換気扇、扉の防音(1)
2005.09.16 作業台、蛍光灯、扉の防音(2)
2005.09.18 フローリング張り
2005.09.23 悩ましき工房の分割?
2005.10.02 物置工房 始動宣言
2005.11.20 桟積みコーナー
2005.11.27 防音雨戸
2005.12.08 壁掛けカンナ置き場
2005.12.17 かるかるブリック
2006.01.24 据え置き工具の3階建て収納
2006.12.31 プチ増築
2007.03.04 増築部トリム


「Ⅹ.物置工房を建てる」の全ての記事を見る
トップに戻る

| | コメント (0)

単発おまけ記事

どこにも分類されない単発記事のうち、あとで役に立ちそうなものだけ。

個人輸入ルーターの修理(すったもんだ編) その1その2その3その4
Service Netルーター PC890 の分解修理その1その2
バンドソースタンド
Delta 値上げのウワサ? (2006.9)
小林式角のみ(2007.01)
ジェネリック家具って? (1)(2)(3)
トリトン製造中止 (2008.8)
木工の許容差について(2008.10)
3分間ダブテールクッキング? (2008.10)

| | コメント (0)

掲示板

ウェブログですので、各記事に自由にコメントしていただいて構いませんが、全般的なコメントやご感想、ご要望はこちらにもどうぞ。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2004.02.17

最初に買いそろえる道具(1)

はじめまして。
木工と、木工具、それから「金物」と呼ばれる木工品に使われる金具類について、語っていきたいと思っています。
ブログ自身を良く分かっていないのがナニですが、うだうだするのも嫌なので、本題に入ります。

木工を始めようとする際に、必要な道具は何か?と問われると、すぐに答えることができません。
私など、今でも小遣いやわずかに作品を人に譲って得たお金を、そのまま道具類につぎ込み続けています。

それでも、最初に買いそろえる道具を考えてみます。

参考書を見れば、また、中学校もしくは高校?で「技術科」の授業の際に買わされた木工具セットを思い出せば、ノコギリやカンナなど一通りの手工具をリストアップできるでしょう。(手工具は語り始めると長いので後回しにします。)しかしそれだけでモノを作ろうと思うとものすごく大変ですので、ある程度は電動工具を導入することを考えます。

私が最初に買った電動道具は、下記の3つです。
・電動ドリルドライバー
・トリマー
・ジグソー(手持ち式)
いずれもホームセンターで最も安い物を買いました。

もしこれから木工を始めようとする方がこれを参考にされるのでしたら、多分この3つを買うことはさほど間違っていないと思います。但しジグソーの代わりに手持ち式の丸ノコを買う方が一般的かも知れません。安全性と多機能性の面から、私はジグソーにしました。

トリマーは、これを持つだけで作品の見た目と作り方、作品の構造の幅が広がり、腕が上がったように勘違いができますので、是非購入しましょう。値段が高いですが安い物は安いので、最初はお金を捨てると思って一番安いのを買って良いでしょう。

本ブログの冒頭に当たり、次回から上記の電動工具を語るところからスタートしてみようと思います。

以後 よろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

トップページ | 2004年3月 »